ここから本文です

【14日の交流戦結果その1】ヤクルト・由規7回1失点、DeNA濱口3連勝、西武・中村チーム全打点

6/14(水) 21:30配信

ベースボールチャンネル

〇ヤクルト3-2楽天●(神宮)

 ヤクルトが接戦を制した。

 初回、ヤクルトは先頭の坂口が四球で出塁すると、雄平が適時二塁打を放ち1点を先制。4回にはグリーンの適時打で1点、6回にはグリーンが来日初本塁打を放ち3点目を奪った。

独立リーグ唯一の女性投手「ナックル姫」。25歳の素顔

 投げては、先発・由規が強力楽天打線を相手に7回1失点好投を見せた。8回に登板した2番手・ルーキはウィーラーにソロ本塁打を浴び1点を失ったが、9回は秋吉が3三振で無失点に抑え、試合を締めた。

 敗れた楽天は今季初登板の安樂が6回3失点と試合を作ったが、打線が振るわず連勝は3で止まった。

〇DeNA5-2ロッテ●(横浜スタジアム)

 投打のかみ合ったDeNAが連敗を3で止めた。

 初回、DeNAは先頭の桑原が二塁打で出塁すると、田中・ロペスの適時打、宮崎の併殺間に3点を先制。そして、3回には筒香に第6号となるソロ本塁打が飛び出し1点、7回には高城の三塁打と相手暴投で1点を加えた。

 投げては、先発・濱口が6回途中1失点と試合を作ると、その後は5投手の継投で逃げ切った。また、この試合で守護神・山崎康は9回にパラデスにソロ本塁打を浴び、23試合ぶりに失点を喫した。

 敗れたロッテは、先発・チェンが古巣本拠地での登板となったが、3回4失点と試合を作れず、打線も振るわなかった。

〇西武4-2阪神●(甲子園)

 西武が序盤に奪ったリードを守り切った。

 初回、西武は二死から秋山・浅村が連続で四球を選びチャンスを作ると、中村が適時打を放ち1点を先制。そして、3回には再び二死から秋山・浅村が今度は連続安打で出塁しチャンスを作ると、中村が今度は右中間スタンドに今季14号となる本塁打を放ち3点を追加した。

 中村は3打数2安打(1本塁打)4打点の活躍で、チームの全打点を叩き出す大活躍となった。

 投げては、先発・岡本が6回途中2失点と試合を作り、その後は武隈・牧田・シュリッター・増田の勝ち継投で逃げ切った。

 敗れた阪神は、先発・能見が西武打線の中軸に捕まってしまい、5回4失点と試合を作れなかった。

ベースボールチャンネル編集部