ここから本文です

【14日の交流戦結果その2】巨人継投ノーノー達成、広島・鈴木サヨナラ弾、日本ハム延長戦制す

6/14(水) 22:36配信

ベースボールチャンネル

〇巨人3-0ソフトバンク●(東京ドーム)

 巨人が球団初となる継投ノーヒットノーランを達成し、連勝を飾った。

独立リーグ唯一の女性投手「ナックル姫」。25歳の素顔

 6回、巨人は一死から山本が四球で出塁すると、続く坂本が今季第7号となる本塁打を放ち2点を先制。そして、坂本は8回にもソロ本塁打を放ち、1人で3打点を稼ぎ好投の投手陣を援護した。

 DeNAからFAで加入した先発・山口俊は6回を102球で無安打無失点と快投。故障明けということもあり無安打のまま交代となったが、その後は2番手・マシソン、3番手・カミネロが無安打投球を継続し継投でノーヒットノーランを達成した。NPB史上では6度目、公式戦では4度目の快挙となった。

 敗れたソフトバンクは打線が無安打と完全に沈黙してしまった。

〇日本ハム7-5中日●(ナゴヤドーム)

 日本ハムが、延長12回で両軍合わせて計15投手が登板した総力戦を制した。

 初回、中日は日本ハム先発・斎藤佑樹は初回に満塁のピンチを背負うと、ゲレーロ・藤井に適時打を浴び4点を献上してしまう。

 しかし、打線が2回に中田の本塁打、6回に中田・レアードの適時打で同点に追いつくと、7回には西川の二ゴロ間に1点を加え、勝ち越しに成功した。

 しかし、9回裏に増井がゲレーロに痛恨のソロ本塁打を浴び、試合を振り出しに戻されてしまい、5-5の同点で延長戦に突入した。

 そして、延長12回に試合が動いた。日本ハムは、イニング跨ぎとなった中日5番手・田島から2四球・犠打で一死2・3塁とチャンスを作ると、田島の暴投・ゲレーロの野選で2点を勝ち越した。

 そして、延長12回裏は8番手・谷元が三者凡退で1回を無失点に抑え、試合を締めた。

 敗れた中日は、ゲレーロが起死回生の一発を放ち試合を延長戦に持ち込んだが、最後は田島が力尽きた。また、延長12回にはドラ6ルーキー・丸山がプロ初登板を果たし、杉谷を二直併殺打に打ち取り、追加点を許さなかった。

広島〇7×-6オリックス●(マツダスタジアム)

 広島が主砲の一打でサヨナラ勝ちを収め、交流戦単独首位に立った。

 広島先発・大瀬良は2回、T-岡田にソロ本塁打を浴び1失点。しかし、直後の2回裏に鈴木がソロ本塁打を放ち同点に追いつくと、5回には田中の安打・菊池の犠打でチャンスを作り、丸の適時三塁打で1点を勝ち越す。そして、6回には相手のミスにつけ込んで4点を奪った。

 大瀬良は7回途中3失点で降板し、後続に試合を託した。しかし、3番手・ジャクソンがロメロに3点本塁打を浴び、試合を振り出しに戻されてしまった。ロメロは7回にもソロ本塁打を放っており、2打席連発となった。

 そして、両軍決め手を欠き試合は延長戦に突入。両軍投手陣が粘りの投球を見せていたが、延長12回裏、鈴木がオリックス8番手・佐藤達から左中間スタンドにサヨナラソロ本塁打を放ち、試合を決めた。

 敗れたオリックスは、主砲・ロメロの2打席連続弾で一時は5点差を追いついたが、最後は佐藤達が痛恨の一発を浴びてしまい3連敗となった。

ベースボールチャンネル編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ