ここから本文です

日本の1-1ドローは「衝撃」と韓国メディア 致命的ミスやボール支配率の低さに言及

6/14(水) 14:01配信

Football ZONE web

イラクの徹底した守備に苦戦したと分析

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組1位の日本代表は、13日に中立地イランのテヘランで行われたイラク戦を1-1のドローで終えたが、多くの韓国メディアはこの結果を「不安な1位維持」と報じている。

【動画】吉田&川島の痛恨ミスで失点…「日本 vs イラク」ハイライト

 スポーツ専門サイト「スポーツQ」は、「ドローの衝撃、グループBは大混戦」との見出しで、日本がW杯出場に向けて苦境に立たされていると報じている。

 同サイトは「日本は先制点を取ったが、アウェーでの暑い気候で疲れが見え始め、後半27分にGK川島永嗣とDF吉田麻也が互いにボールを譲り合う形から失点を許した」と、致命的な判断ミスから同点ゴールを奪われたことを説明。またスポーツ・芸能専門サイト「スターニュース」は、日本がイラクに引き分けに持ち込まれた状況について、次のように分析している。

「日本は先制点を取ったが、前半終了時点のボールポゼッションはイラクが60%だった。この流れで迎えた後半、イラクの動きが良くなり同点ゴールにつながった。イラクの枠内シュートは3本だが、日本も3本とイラクと同じで、イラクの徹底した守備に苦戦した」

 確かに日本は序盤に1点をリードしながら、その後も得点のチャンスが幾度となくありながら、ゴールをこじ開けることができなかった。

「プレッシャーを与えるべき立場だったが…」

 この結果、日本は勝ち点を17に伸ばしてB組単独1位となったが、勝ち点1差で2位サウジアラビアと3位オーストラリアが追走しており、残り2戦はこの2カ国との対戦となる。今節の結果でプレーオフ進出の3位以内は確定させたものの、本大会出場権を自動的に確保できる2位以内を巡る争いは混沌としてきた。同日に敵地でカタールに2-3と不覚を取ったA組の韓国も予断を許さない状況だが、W杯出場に向けて暗雲が立ち込めているのは日本も同様と、韓国メディアは報じている

 スポーツ専門サイト「スポータルコリア」は、「日本は残り2試合、オーストラリアとサウジアラビアと戦うことになる。今回のイラク戦に勝利してプレッシャーを与えなければならない立場だった。残り2試合で負けることがあれば、今回のドローが大きく響くことになるだろう」と、隣国のライバルへ警鐘を鳴らしていた。

キム・ミョンウ●文 text by Myung-wook Kim

最終更新:6/14(水) 14:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新