ここから本文です

【日本代表】「僕らの課題が出た試合」。大迫が語る、チームに欠けていた〝ある意識″

6/14(水) 0:14配信

SOCCER DIGEST Web

「1点取った後にチームの重心が後ろに下がってしまった」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム
 
 日本代表は6月13日、ワールドカップアジア最終予選でイラクと対戦し、1-1で引き分け。勝点1の獲得に止まった。
 
 この試合に1トップでフル出場した大迫勇也は、今回のアジア最終予選で初ゴールを奪取。8分に、本田圭佑からの右CKに後ろに逸らすように頭で合わせ、見事な先制点を決めた。
 
「良いボールが来たので、当てれば入るかなと思った」と得点シーンを振り返った大迫だが、ドローという結果には「悔しい」と語り、「僕らの課題が出た試合だった」と反省した。
 
 続けて、大迫はその課題を口にする。
 
「1点取った後にチームの重心が後ろに下がってしまったことが問題。あそこで2点目を取る意識がなかったので、すごくそこは残念だった」
 
 昨年10月のオーストラリアとのアウェーゲームでも、5分に原口元気のゴールで先制したが、後半に同点ゴールを奪われた。
 
「2点目を取る意識」の欠如――。次節、ホームで迎えるオーストラリア戦では、その課題を克服できるか。
 
 大迫は「勝つしかない。次はホームでできますし、次こそが大一番だと思う」と意気込んだ。

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち♥

最終更新:6/14(水) 1:18
SOCCER DIGEST Web