ここから本文です

【日本代表】痛恨の「お見合い失点」はなぜ起きたのか? 川島永嗣があの場面に言及

6/14(水) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

勝負ごとに"たられば"は禁物だが…。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム
 
 中立地のイランで行なわれたワールドカップ最終予選のイラク戦は、1-1の引き分けに終わった。
 
 日本は大迫勇也のゴールで先制しながらも、72分にGK川島永嗣とDF吉田麻也がゴール前のこぼれ球をお見合いし、相手選手に詰められる痛恨のミスで勝利を逃した。
 
 試合後、川島があの失点シーンについて口を開いた。
 
「(吉田)麻也は僕のボールだと思ってブロックに入っていたんですが、後ろから相手が来ていたから僕は『クリア』と言ったんです。麻也はその相手が見えていなかったし、最後のところでもったいない失点になってしまいました」
 
 吉田は相手選手を身体でブロックし、川島がキャッチしてくれるのを待った。対して、相手選手が見えていた川島は、自分で処理するよりも吉田がクリアしたほうが安全だと判断した。ふたりが意思疎通できなかったために、手痛いミスが生まれたというわけだ。
 
「ああいう危ない場面を作られた時はクリアでもいいし、プレーをハッキリさせるのが大事だと思いました」
 
 川島がそう言う通り、吉田がセーフティにクリアしていたら、失点は防げただろう。あるいは、川島がもっと早くルーズボールに反応していれば、隙を与えなかったかもしれない。失点に絡んだ当事者のふたりは、”たられば”の怖さを痛感しているはずだ。
 
 とはいえ、引き分けによる勝点1で、日本はBグループの首位に立った。次のホームゲームでオーストラリアとの直接対決に勝てば、ロシアワールドカップ進出が決まる。
 
「自分たちは勝つことしか考えていなかったので、置かれた状況には満足していません。ただ、結果的に次の試合、またその次の試合で結果を出せばワールドカップを決められるという意味では、気持ちを切り替えてやっていかなければいけない」

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち♥

 日本の守護神は気丈に語り、最後にこう結んだ。
 
「また前を向いていきます」

最終更新:6/14(水) 11:30
SOCCER DIGEST Web