ここから本文です

金田喜稔がイラク戦を斬る!「なぜ久保を?ハリル監督、『堂々と戦え』」

6/14(水) 11:00配信

SOCCER DIGEST Web

左サイドでの久保の振る舞い方はややぎこちなく…。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム
 最低限の結果を手にしたとはいえ、勝てた試合だった。そういう意味では悔いが残る。

【PHOTO】日本代表を応援する美女サポーター



 吉田と川島の連係ミスから同点ゴールを許したシーンは、当然ながら反省すべきだろう。あの場面はセーフティにクリアしていれば、問題はなかった。ただそれ以上に気になったのは、スタートからのシステムを変えた点だ。

 怪我人や対戦相手の状況を踏まえての選択だったとは思うが、中盤3枚はシリア戦のようにアンカー1枚を置いた「逆三角形型」でも良かったのではないか。シリア戦では後半に本田をインサイドハーフに入れてからチャンスを作れていたのに、その流れを汲まずなぜか、久保を前線3枚の左に回し、逆サイドに本田を置いた。その点は理解に苦しむ。

 トップ下を置いたシステムはこれまでの試合でも採用しているけれど、この試合では必ずしも機能しているとは言えなかった。だからこそ、なぜシリア戦の後半と同じシステムでスタートから臨まなかったのかという疑問が浮かんでしまう。

 やり方が変われば、選手たちの中で迷いが生じても不思議ではない。久保がやや孤立気味に映ったのは良い例だろう。左サイドでの振る舞い方はややぎこちなく、味方との連係で自らが活きる場面はほぼ皆無だった。

 もっとも、それは本人というより、このポジションに起用したハリルホジッチ監督の選択に問題がある。変に小細工するのではなく、これまでと同じく右サイドに久保を置いていれば良かっただけの話だ。

 イラクは手強かったけれど、ワールドカップに出られないチームなんだし、ハリルホジッチ監督には「もう少し堂々と戦え」と言いたい。相手の対策を考えすぎたために、システムや選手のポジションを変えたことで、逆にゲームを難しくしてしまったように映った。

試合の流れ的には勝利を手中に収めていた。

 試合運びという点でも課題は多い。ワールドカップ本大会で上位進出を睨んでいくのであれば、こういう苦しいゲームこそ勝ち切らないといけない。

 この試合では、CKから大迫のゴールで幸先良く先制した後、チャンスはあまり作れなかったが、逆にピンチを招いたわけでもなかった。このまま逃げ切るか、あるいは、チャンスがあれば追加点を奪って勝点3を奪う展開になると見ていたが……。

 もちろん、長谷部や山口、香川らの主力を故障で欠き、この試合では井手口、酒井宏をそれぞれ脳震とうと怪我で失うアクシデントに見舞われた部分を差し引けば、勝点1を獲得したことは褒められるべきものかもしれない。

 さらに言えば、37度近くあった酷暑のイランでの戦いだった点も当然無視できない。とはいえ、試合の流れ的には勝利を手中に収めていたわけで、自滅した印象は拭えない。

 幸い、次のオーストラリア戦(8月31日)で勝利すればロシア・ワールドカップ出場権を獲得できる。なにより重要なのは結果だが、実りある戦いで歓喜の瞬間を迎えてほしい。

最終更新:6/15(木) 12:19
SOCCER DIGEST Web