ここから本文です

【日本代表】「自分が入ってやられたので」ピッチに立ってすぐの失点に倉田秋は…

6/14(水) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

「焦らず、平常心でやること」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム
 
 開始8分に大迫勇也が先制点を挙げ、1点リードで試合は終盤へ。70分、疲労の色が見えた原口元気に代わり、倉田秋が投入された。
 
 倉田は「守備では、引いてボールを捌く相手の21番をしっかりマークする。攻撃では前で起点になったり、前にボールを運ぶこと」を監督から指示されたと話す。
 
 だが、ピッチに立ってわずか3分後に失点。「自分が入ってやられたので」と倉田は悔しさを滲ませる。
 
 しかし、「焦らず、平常心でやることを心掛けた」倉田は守備に尽力しながら、攻撃でも積極的な姿を見せた。
 
 アディショナルタイムにはペナルティエリア内の狭いスペースでボールを受け、ゴール前に侵入。最後は本田圭佑がシュートを放ったが(ボールは大きくバーの上)、所属クラブのガンバ大阪で見る、倉田らしさが垣間見えたプレーだった。
 
 相手にも疲れが見えた後半はチャンスを作ったものの、ゴールネットを揺らすことができず。倉田も「2点目を取れなかったのが、しんどくなった原因」と試合を振り返った。
 
 投入直後に失点する悪い状況の試合で、わずかながらも自らの“色”を出した倉田。苦しい台所事情の中盤で、さらに存在を大きくしていけるだろうか。

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち♥

最終更新:6/14(水) 11:30
SOCCER DIGEST Web