ここから本文です

【日本代表】世代交代の契機に!? 「リオ五輪世代初の3人同時スタメン」に見えた光と影

6/14(水) 16:00配信

SOCCER DIGEST Web

遠藤は最終予選初スタメン、井手口はA代表初スタメン

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム
 
 長谷部誠、香川真司、山口蛍(山口はベンチ入り)と、キーマンを負傷で欠いたイラク戦は、中盤の構成がひとつのポイントだった。そのなか、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、2ボランチにリオ五輪世代の遠藤航、井手口陽介を起用。遠藤は最終予選初スタメン、井手口はA代表初スタメンとなった。
 
 さらに左ウイングの久保裕也を含め、リオ五輪世代がスターティングイレブンに3人揃ったのはA代表で初めてのことだ。これまでは浅野拓磨や大島僚太を含めて誰かひとりが抜擢されることはあっても、それ以上の人数が食い込めることはなかった。
 
 この世代のキャプテンだった遠藤は「若い選手もこういう舞台で結果を残していかなくてはいけないとは、ずっと思っていました。僕もボランチで久しぶりに出て、今日は自分と陽介が肝になると思って臨みました。そういう意味では今日のほうがゲームとして(シリア戦より)落ち着いていたし、こういうプレーは続けていきたいです」と語る。
 
 遠藤はイラク戦の前日に、「代表に残るためには明日は大事になる」と話していたが、試合後の「今日のようなプレーは最低限。またチャンスをもらえるようにやっていきたい」という言葉からは、小さくない自信を手にしたことが窺えた。
 
 一方、遠藤とコンビを組んだ井手口は、鋭い出足でパスカットを試みるなど、積極的な守備で自らの持ち味をアピールした。しかし、55分、アクシデントに見舞われた。相手との接触で転倒し、頭部を強打。プレー続行が不可能になったのだ。その後、すぐに救急車で病院に搬送され、脳震盪と診断された。

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち♥

久保も持ち味を発揮できず。

 また久保はイラク戦で通常の右サイドではなく左サイドでプレー。慣れないポジションに戸惑った印象で、終盤には足を痛めるも、交代枠を使い切っていたため、そのままプレーを続ける一幕もあった。本人は「守備に追われて攻撃の部分で何も出せずに終わった」と試合を振り返る。
 
 3人の出来を総合的に見れば、遠藤はまずまずのパフォーマンスも、アクシデントがあったとはいえ井手口と久保は、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の評価を大きく上げるには至らなかったと言える。
 
 また、若い世代の選手たちのプレーに関しては、本田圭佑がこんなコメントも残している。
 
「(監督の言葉を)若い選手は素直に聞きすぎてしまう。上手く消化できていない。(ピッチのなかで自由にやって良いのは)当然。監督もそれはやって良いと言っている。ただ、そこの整理を上手くできず、こういう試合で自分の持っている力の半分を出せずにいる」
 
 世代交代のためには、今後もリオ五輪世代の台頭は欠かせない。スタメンには3人とは言わず、さらなるメンバーが加わるべきだろう。しかし、最終予選の残りの2試合(8月31日/対オーストラリア[ホーム]、9月5日/対サウジアラビア[アウェー])は、ワールドカップへ出場するために相当なプレッシャーがかかるゲームとなる。
 
 そうした大舞台でリオ五輪世代が輝けるのか。今回のイラク戦がひとつの契機になることを願いたい。

取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部) 

最終更新:6/14(水) 16:00
SOCCER DIGEST Web