ここから本文です

心と身体の強さが光った本田圭佑。ミランで出番のない背番号4が輝けた理由とは

6/14(水) 18:55配信

SOCCER DIGEST Web

この試合で欠かせない戦力であることを証明した。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 1-1 イラク/6月13日/PASスタジアム

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち♥

 引き分けに終わったイラク戦は果たして勝点2を失ったのか、それとも勝点1を掴み取ったのか。
 
 先制しながら追いつかれたという展開、さらにライバルとの直接対決を控えている日程を考えると、惜しいことをしたという印象はぬぐえない。
 
 だが、ぜいたくを言い出したらキリがない。引き分けはもちろんベストではないが、決して悪い結果ではないはずだ。
 
 イラクは勝利を計算できるような楽な敵ではないし、過酷な条件下でのゲームだったからだ。
 
 この引き分けによって、日本は次節、ホームでオーストラリアに勝てばロシア行きが決まる。負けると一転ピンチとなるが、残り2試合を首位で迎えるのは悪くない。
 
 引き分けに価値があると思うのは、厳しい台所事情で負けなかったということもある。
 
 中盤の井手口と遠藤はともに最終予選初出場、CB昌子にしても経験は少ない。そうした不慣れな顔ぶれでも、日本は破綻することがなかった。

 主力が離脱することを見越して、2次予選からバックアップメンバーに経験を積ませておけばよかったと思うが、それはそれ。いまさら嘆いても仕方がない。

 井手口や遠藤、昌子は実力通りのプレーを見せてくれた。苦戦を強いられたシリア戦の経験は、この試合に生きたと思う。

 イラク戦は、猛暑の中で次々と選手が倒れていく過酷な一戦だった。その中で目を引いたのが、5試合ぶりにスタメンに名を連ねた本田である。

 シリア戦もまずまずだったが、イラク戦では前線で確実にボールを収め、攻撃の基点となった。

 アディショナルタイムのシュートはGK正面を突き、得点はならなかったが、立ち上がり8分には絶妙なCKで大迫の先制ゴールをアシストした。

 厳しい試合で、ベテランの心と身体の強さが光った。

 私はミランで出番がない本田の招集に懐疑的だったが、この試合の彼は自らが日本代表に欠かせない戦力であることを証明したと思う。

 本田を見ていて、脳裏に浮かんだ選手がいる。稲本だ。それも2002年日韓ワールドカップで輝いた時の、稲本である。

1/2ページ

最終更新:6/14(水) 18:56
SOCCER DIGEST Web