ここから本文です

大垣共立銀行(8361)、株主優待を変更(拡充)!年1回(3月)⇒年2回(3月・9月)の実施になり、新設の9月は5単元を1年以上継続保有で優待品贈呈

6/14(水) 22:25配信

ダイヤモンド・ザイ

 株式会社大垣共立銀行が株主優待の内容を変更すると、2017年6月13日に発表した。

【詳細画像または表】

 大垣共立銀行の株主優待は、従来「毎年3月末時点で、1000株(1単元)以上を保有する株主を対象に、1000ポイント分の『スペシャルポイントカード』を1枚進呈」というものだった。

 今後もその点に変わりはないが、変更後は新たに9月にも株主優待が実施される。対象となるのは、9月末時点で5000株(5単元)以上を1年以上継続保有する株主で、株主優待の内容は「地元名産品とコラボレーションしたOKBブランド優待品(好きなものを選択)」となっている。

 3月末時点の株主に進呈される「スペシャルポイントカード」は、ポイント残高の範囲内で以下の特典を受けることができる(5種類の中から好きなものを選択)。

(1)定期預金(預入期間1年以内)金利上乗せ
※店頭表示金利に年0.5%上乗せ。預入限度額は300万円まで。

(2)外貨定期預金(米ドル・新規預入分)為替手数料割引
※1米ドルにつき50銭割引。預入限度額は1万米ドルまで。

(3)投資信託申し込み手数料50%分キャッシュバック
※キャッシュバックの上限は5000円まで。

(4)振込手数料無料
※国内振込取引。上限は10件まで。

(5)サンクスポイントへの移行
※12.5倍換算で移行可能。サンクスポイントは楽天スーパーポイントやTポイント2500円相当に交換可能。

 優待特典(1)~(5)の利用を希望しない場合、未使用の「スペシャルポイントカード」と引き換えに優待品を送付してもらうか、日本赤十字社への寄付を選択することも可能。なお、今回の変更後は、寄付先として新たに国土緑化推進機構も追加される。

 3月末時点の株主優待の変更(寄付先の追加)は、すでに権利確定している2017年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。9月末時点の株主への優待は、2017年9月30日時点の株主名簿に、1年以上継続保有の株主として、記載または記録された株主から適用される。

 また、大垣共立銀行は、2017年10月1日をもって10株⇒1株に株式併合、1000株⇒100株に単元株数を変更することも発表している。これらの変更後は3月末時点の株主優待の配布基準が、従来の1000株以上から100株以上に、9月末時点の株主優待の配布基準が従来の5000株以上から500株以上に変更される。ただし、この変更では株主優待の内容や利回りには変更はない。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ダイヤモンド・ザイ

株式会社ダイヤモンド社

10月号:8月21日(月)

定価730円(税込)