ここから本文です

第一カッター興業、記念配当+記念優待実施を発表!設立50周年記念で、6月末時点で100株保有の株主にQUOカード2000円+1株あたり3円の記念配当を実施

6/14(水) 17:20配信

ダイヤモンド・ザイ

 第一カッター興業株式会社が、2017年8月に設立50周年を迎えることを受けて、記念配当と記念株主優待を実施すると2017年6月14日に発表。今回の記念株主優待は、2017年6月末時点の株主限定となる。

【詳細画像または表】

 第一カッター興業が実施する記念株主優待の内容は、「2017年6月末時点で100株(1単元)以上保有の株主に、QUOカード2000円分を贈呈」というもの。

 なお、第一カッター興業は通常は株主優待を実施していない。

 記念配当は、2017年6月期の期末配当において、1株当たり3円の記念配当が実施される。これにより、2017年6月期の年間配当金は、1株当たり15円(普通配当12円、記念配当3円)となる。

第一カッター興業が実施する記念株主優待の詳細と優待利回りは?

 ■第一カッター興業が実施する記念株主優待の詳細

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
  2017年
6月末
  100株以上
  QUOカード2000円分

 第一カッター興業の2017年6月14日時点の株価(終値)は1070円なので、優待利回りは以下のようになる。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×1070円=10万7000円
優待品:QUOカード2000円分
株主優待利回り=2000円÷10万7000円×100=1.86%

 第一カッター興業の記念株主優待は、投資家に人気のQUOカード2000円分。株主優待利回りが1.86%と、QUOカードの株主優待としては比較的高く、しかも1株あたり3円の記念配当(普通配当との合計は1株あたり15円)の実施も発表されているため、明日以降の相場で注目を集めることになりそうだ。

 なお、第一カッター興業は「ダイヤモンド工法」事業、「ウォータージェット工法」事業、及び「ビルメンテナンス」事業により、工事現場など、広範囲にわたって特殊技術を提供している企業。本社は神奈川県茅ケ崎市。2017年6月期の連結業績予想(通期)は、売上高で前期比7.9%減、営業利益で23.5%減、経常利益で23.4%減、当期純利益で26.2%減を見込んでいる。震災復興関連需要が一巡したことや、リユース・リサイクル事業の苦戦などが影響した。

 ■第一カッター興業

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 建設業
 1716
 JASDAQスタンダード
 2017年6月末
(今回だけの記念優待)
 株価(終値)
 単元株数
 最低投資金額
 配当利回り
 1070円
 100株
 10万7000円
 1.40%
 【第一カッター興業の最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2017年6月14日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

ザイ・オンライン編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)