ここから本文です

吉田麻也、勝ち切る力のなさを反省。「自分たちで首を絞めてしまった」

6/14(水) 0:21配信

フットボールチャンネル

【イラク 1-1 日本 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦し、1-1の引き分けに終わった。DF吉田麻也は攻守両面に課題が残ったとして反省の言葉を述べている。

アジア最速W杯出場国決定!【W杯アジア最終予選】グループステージ順位表

 前半に大迫勇也のゴールで先制した日本だが、72分に追いつかれてしまう。それまで好守を見せていた吉田がGK川島永嗣との連携を誤り、川島が捕り逃したボールを相手選手に押し込まれる形となった。

「なかなか無失点で終えられるゲームが少ないので、本当に悔しいです」と吉田は守備面についてコメント。だが失点だけでなく、2点目を奪えなかったことで「自分たちの首を絞めてしまった」と試合を振り返る。

「後半には体力もかなり消耗すると思っていたので、先制してから、後半に追加点が取れれば良かったんですが。取れなかったのが一番良くなかった。1点取ったあとペースダウンするんじゃなく、もう1点さらに取りにいくっていう勢いが必要だと思います」

 残り2試合はグループ上位を争うオーストラリア、サウジアラビアとの直接対決だが、次節のオーストラリア戦に勝てば日本代表は予選突破が決まる。「サウジのことは置いておいて、オーストラリアにしっかり勝って決めたいと思います」と吉田は意気込みを口にした。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)