ここから本文です

フレッシュさ生かしたかった倉田「もっとうまくボール回したかった」

6/14(水) 3:04配信

フットボールチャンネル

【日本 1-1 イラク 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。MF倉田秋は、結果を残せなかったことを悔やんでいる。

 倉田は70分にFW原口元気との交代でピッチに入った。トップ下起用については「練習でもトップ下をやっていたんで、ボランチでもトップ下でも、どこでも出られる準備はしていました」と語る。

 フレッシュな倉田から見て、「相手はバテていました」。ただ気持ちは入っていたようで、「前には行けるけど、後ろにはついてこられないイメージだったので、もうちょっとうまくボール回ししたかったですね」と振り返った。

 もちろん、日本にも疲労はあり、「相当疲れが溜まっているし、相手も激しくきていた。痛めているメンバーも多かったんで、その分自分が守備だったり攻撃だったりで埋められたらと思っていたんですけど」と倉田は話している。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは、特に21番のサード・アブドゥルアミールを警戒するよう言われていたそうだ。

 倉田は「21番が結構効いていて、ボールをさばいていたりしたので21番をしっかり見て、攻撃では前で起点になったり、前にボールを運んでくれと言われていた」と明かした。ただ、自身の出来には納得していないようで「自分が入ってやられているんで、もうちょっと自分でやるべきことはしっかりやりたかったですね」と述べている。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)