ここから本文です

ケルン地元紙、大迫勇也を称賛「日本に大事な勝ち点1をもたらせた」。代表戦で1ゴール

6/14(水) 7:20配信

フットボールチャンネル

 日本代表は13日、ロシアW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。

アジア最速W杯出場国決定!【W杯アジア最終予選】グループステージ順位表

 この試合で1ゴールを決めたFW大迫勇也が所属するケルンの地元紙『エキスプレス』は「大迫が日本に大事な勝ち点1をもたらせた」と題し同選手の活躍を報じている。

 記事では、大迫がこの日“サムライブルー”唯一のゴールを記録したと伝えている。また、この試合で今季最後の試合となった大迫はこれから休暇を取ることになるようだ。

 なお、27歳のストライカーは今季リーグ戦30試合に出場し7得点8アシストを記録しドイツでのキャリアハイの成績を残した。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ