ここから本文です

国を超えた絆…仏ファンが異例の対応。試合前に起きた感動的なエピソードとは?

6/14(水) 8:57配信

フットボールチャンネル

 現地時間13日にフランスのスタッド・ド・フランスでフランス代表対イングランド代表の親善試合が行われた。この試合前、イングランドが国歌を歌う際にフランスのサポーターも混ざり、スタジアム全体でイングランド国歌「ゴッド・セイヴ・ザ・クィーン」を大合唱した。14日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

韓国、まさかの敗戦。2位維持もW杯出場に暗雲【W杯アジア最終予選】グループステージ順位表

 イギリスのテリーザ・メイ首相とフランスのエマニュエル・マクロン大統領も訪れた今回の試合。同メディアによると、先にフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」が歌われた後に、イングランドの国歌が歌われた。その際、スタジアムの大型ビジョンにイングランド国歌の歌詞が映し出され、フランスのサポーターも混ざって大合唱したとのこと。

 イングランドでは、ロンドン橋やマンチェスターでテロ事件が発生している。反対にフランスでは2015年11月にテロ事件が起きた。お互いにテロ事件の被害者でもある。両チームの国歌斉唱が終わった後、選手たちはピッチ中央に集まりスタジアム全体で黙祷を捧げた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)