ここから本文です

“だいすけロス”を乗り越えろ! 独占ロングインタビューも掲載。親子で楽しめる卒業アルバムが大人気!

6/14(水) 11:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 もはや幼児番組というジャンルで片付けることができない、NHKの『おかあさんといっしょ』。その歌のお兄さんをこの春卒業したのが、横山だいすけさんだ。いや、だいすけお兄さんの方が、わかる人が多いかもしれない。歴代最長期間となる9年間も、子どもの前で歌い続けてきた。おなじみの「みんな、元気~? だいすけお兄さんも、元気~~!」という冒頭の挨拶も、月の歌で見せてくれたコスプレや変顔の数々も、今となってはもはや幻。番組卒業を惜しむ声が「だいすけロス」という言葉となり、今もSNSを駆け巡っている。

 6月7日(水)には名シーンが満載のDVD『「おかあさんといっしょ」メモリアルPlus~あしたもきっと だいせいこう~』(NHKエンタープライズ)が発売され、なんと初週売上4.0万枚。オリコン週間DVDランキング(集計期間:6/5~6/11)で総合1位にランクインするほどの人気ぶり。そんな「だいすけロス」な人たちにとって待望の卒業アルバムとなるのが、『おかあさんといっしょ だいすけお兄さん ありがとう、また会う日まで。』(講談社)だ。

 本書に掲載されている「横山だいすけ物語」によると、「歌のお兄さんになりたい!」という思いを抱くようになったのは、高校生の頃。子どもたちのために歌を思いたいという思いを胸に、音楽大学に進学。卒業後は劇団四季に入団し、歌のお兄さんのオーディションに合格したとある。

 2008年にデビューした時の印象を、体操のお兄さんである小林よしひささんは、「だいすけお兄さんは、最初から“ザ・歌のお兄さんでした”」と太鼓判を押すほど。番組をグイグイと引っ張る、安定感のある存在のように見えたという。だが、スタジオで見せる笑顔とは裏腹に、だいすけお兄さん本人の悩みは日々深まるばかり。デビューしてからの3年間は、歌唱を指導する福田和禾子先生から「聴いていてつまらない」と指摘されて落ち込む毎日だった。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい