ここから本文です

BIGBANGのT.O.P 大麻吸引、うつ病…「宇宙人」の暗部

6/15(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「こんにちは~。タプで~す! 会いたかったで~す!」。これだけのフレーズで、会場のファンはお約束のように爆笑する。メンバー間で唯一、日本語が不得手。MCでしゃべるのは、ほとんどお決まりのセンテンス。カンペが見えないと慌ててしまう。独特のテンポと噛み合わないコミュニケーションで「宇宙人」「赤ちゃん」とメンバーからいじられ、ダンスもいまひとつ…。

 だが、ひとたびソロ場面になれば、魅惑の超低音ボイスとキレッキレのラップで会場の熱気を全て持っていき、映画に出演すれば学徒兵から詐欺師、殺し屋まで完璧な七変化を見せる。それがBIGBANGのT.O.P(29才)だった。

「ギャップなんです。彼の魅力は。181cmの長身にあのイケメン顔、でもどこか抜けていて、かわいくて格好よくて…。だからこそ、こんな彼は見たくなかった。こんな形でギャップを見せてほしくなかった」(40代ファン)

 T.O.Pが意識不明の状態でソウル市内の病院に搬送されたのは、6月6日未明のこと。主治医によれば、原因は精神安定剤の過剰摂取。昏睡状態が48時間以上続き、ようやく意識を取り戻したのは8日夜のことだった。

「一時は低酸素症と呼吸器不全を併発し、脳への損傷が心配されるほどでした。集中治療室で医師が懸命な治療を続け、ようやく目を覚ましたのです。9日に転院しましたが、まだ体調は万全とはほど遠く、車いすで生活しているようです」(韓国の全国紙記者)

 T.O.Pはこのひと月で人生の坂道を転げ落ちた。発端は6月1日、彼が大麻使用の疑いで書類送検されていた事実を韓国メディアが報じたことだった。

 報道によれば、昨年10月以降、T.O.Pは20代女性と一緒に自宅で大麻を吸引。当初、本人は事実関係を否定していたが、警察の毛髪鑑定と尿検査で陽性反応が出ると、一転して容疑を認め、4月末に書類送検されていたのだという。

「彼は2月から兵役中でしたが、大麻吸引は入隊前の出来事だとして、報道後も勤務先(ソウル地方警察庁広報担当官室楽隊)に出勤していました。しかし5日に在宅起訴されたことで、第四機動団に異動させられています」(前出・韓国の全国紙記者)

1/2ページ