ここから本文です

ABCの新人・津田理帆アナ、抱負は「人を笑顔にできるようなアナウンサーになりたい」

6/15(木) 5:00配信

ザテレビジョン

ことし4月に入社したABC新人アナウンサー・津田理帆(つだ りほ)が、6月16日(金)に本格デビューすることが分かった。

【写真を見る】“2017ABC夏の高校野球応援ソング/熱闘甲子園テーマソング”を手掛ける高橋優は曲作りの旅へ

入社以来、発声・発音の基礎からニュースの実践まで、約1カ月間にわたる厳しい研修を経て、6月16日(金)のABCテレビ「おはよう朝日です」(朝6:45-8:00)と、ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」(朝6:30-9:00)に出演する。そして、“初鳴き”は同日のABCラジオニュースとなる。

初鳴きを目前に控えた14日には、新人アナウンサー研修デスクの上田剛彦アナウンサーと小寺右子アナウンサーが見守る中、津田アナがテレビの本番環境でのニュース読みの研修を行った。その後、上田アナから「アナウンサーはニュースが基本。ニュースに向けて気持ちを作って」とアドバイスを受け、引き締まった表情に。そして、「視聴者としてニュースを見ていたときは、こんなに難しいとは思いませんでしたが、1カ月間の研修を通して、視聴者やリスナーの方に分かりやすく伝えることの難しさを実感しました」と振り返った。

アナウンサーとして、「人を笑顔にできるような情報を届けたい」という津田アナは、大学時代に接客アルバイトや歯科助手をした経験から、「どんな世代の人とも楽しくお話できる自信がある」 とアピール。さらに、大学2年生のときには今宮戎神社「十日戎」に花を添える福娘も体験。「福娘として縁起物を笹につけると、参拝客の方々がすごく喜んでくださった。その時、人に喜んでもらえる、人を笑顔にできる仕事をしたいと思いました」 と語る。

そんな津田アナだが、関西生まれ関西育ちならではの苦労もあるようで、「関西弁が出てしまい、研修では関西弁に大苦戦中です」と苦笑い。「標準語だと思っていたのに、実は関西弁だったと、研修を通して分かったこともあって…」と、日々勉強となっていたようだ。

また、「入社試験では面接官の方々に引かれてしまった」というユニークなエピソードも披露。体が柔らかく、Y字バランスができるのだが、なんと今ではI字まで可能だという。「昔から、 お風呂上りに30分のストレッチが日課で、そうしているうちに、なぜかできるようになりました」というが、 そのストレッチがなんとも個性的。「歯磨きやドライヤーをする時にも壁に足を上げてしている」というもので、入社試験でその話が面接官をあ然とさせてしまったとか。

さらに、この夏は関西ローカル部分の「速報!甲子園への道」リポーターや、「ABC高校野球中継」内で「燃えろ!ねったまアルプス」のリポーターを担当することも発表された。

阪神タイガースの藤浪晋太郎投手と大阪桐蔭高校の同窓生でもある津田アナは、藤浪投手と面識はないと明かすが、「同じ学校で、同い年で、あれだけの活躍をした。それを見て、私たちも頑張らないといけないと友人たちと話していました」と、刺激を受けていたという。

卒業後も同窓会も兼ねて、大阪桐蔭高校の試合を見に行くこともあるようで、「この夏は、母校に力が入りすぎないか心配。冷静にならないと(笑)」と、夏の高校野球への思いもにじませる。

出演したい番組については、「小さい頃から見ていて、母が大好きな番組」という「おはよう朝日です」を挙げる。目標とするアナウンサーは、「いち視聴者の頃からニュースが聞きやすく、理解しやすいと思っていた」という「ABC(テレビ)の塚本麻里衣アナウンサー」と、上田アナと小寺アナを目の前にして回答。

すると、「やっと、現代っ子の一面が出ましたね(笑)」と、小寺アナも思わず笑顔に。研修デスクを務める上田アナも津田アナについて、「とにかく真面目。研修内容のノートも販売できそうなほどきれいにとっています。ここまで完成度の高いノートは これまでの新人にもいないですね」と、評価は高い。

「ここからどう崩していくかが問題」という上田アナに、「私がその役です」と続ける小寺アナは「ABC(テレビ)には珍しく、正統派のアナウンサー。関西出身なのに、話にオチがない!(笑)」と明かし、オチも厳しく指導中だとか。加えて、「アナウンサーとしてはほぼ出来上がっていますが、バラエティー向けのアナと考えると、点数は20点! ただ、伸びしろはあります!」と、期待を寄せていた。

最後に、「『このアナウンサーが出る番組は安心して見られる!』と皆様に思っていただけるよう、親近感と安定感のあるアナウンサーを目指して、目の前のことに全力で取り組みます!これから どうぞよろしくお願いいたします」と締めくくった。

最終更新:6/15(木) 16:41
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)