ここから本文です

八木通商が「トラサルディ」のジャパン社を設立 来春夏から輸入販売

6/15(木) 13:48配信

WWD JAPAN.com

 八木通商は、イタリアブランド「トラサルディ(TRUSSARDI)」の日本法人となるトラサルディ・ジャパンを、本国との合弁で6月中に設立する予定だ。出資比率は八木通商60%、本国40%。2018年春夏からウィメンズウエアの輸入販売を始め、18-19年秋冬にはメンズも合わせ本格化するとともに東京での旗艦店オープンも計画する。現在、日本市場でウエアのインポートは行われておらず、キングがライセンスで手掛けているウィメンズウエアの「トゥルー トラサルディ スティーレ(TRU TRUSSARDI STILE)」も8月で販売を終了する予定だという。ジャパン社設立後はインポートのみに注力する。ただし、本国のコレクションに対してフィードバックを行い、日本市場に合うMDで展開する考えだ。

 「トラサルディ」は1911年にイタリア・ベルガモで高級手袋メーカーとしてダンテ・トラサルディ(Dante Trussardi)が設立。60年代後半には孫のニコラ・トラサルディ(Nocola Trussardi)が後を継ぎ、ウエアやアクセサリーの生産を開始。73年にはブランドを象徴するグレイハウンドのロゴを開発し海外市場にも進出。80年代にはウィメンズとメンズのコレクションラインをスタートした。現在もファミリー・ビジネスを継承しており、CEOとクリエイティブ・ディレクターはそれぞれ創業家のトマソ・トラサルディ(Tomaso Trussardi)とガイア・トラサルディ(Gaia Trussardi)が務めている。

最終更新:6/15(木) 21:49
WWD JAPAN.com