ここから本文です

市川染五郎、“水”をテーマに日本舞踊をプロデュース

6/15(木) 21:15配信

ザテレビジョン

6月18日(日)まで、東京・国立劇場小劇場にて第一回 日本舞踊 未来座「賽 SAI」を上演中。本作は日本舞踊協会の3年ぶりの新作で、新たなシリーズの第1弾。

【写真を見る】至近距離で見る染五郎の舞に女性たちはうっとり!(5月開催の「未来座 SAI 大人のたしなみ講座~日本舞踊~」より)

SAIとはSuccession And Innovation、すなわち継承と革新を意味し、「伝統をつなぎながら “今”こそ一番輝き、そして“未来”へと光を放つ公演でありたい」という願いが込められている。今回は水にまつわる4つの作品を上演するが、そのうちの一つ「水ものがたり」に出演し、「擽―くすぐり―」では演出を手掛けた松本錦升(市川染五郎)に、日本舞踊の魅力、作品の見どころなどを聞いた。

■ 日本舞踊の進化を感じてほしい

――なぜ“水”をテーマにされたのですか?

まずは、「水ものがたり」を作るというところから始まりました。水は過去にも、現在にも、未来にもある普遍的なもので、それを過去、現在、未来へとつなぐ日本舞踊にもメッセージとして込めることができるのではないかと思ったんです。

――時代を超えて、水と日本舞踊の表現するものが似ているということですか?

そうですね。水も時間と一緒で、止まることがないんです。液体であれば流れていくし、気化すればいろいろな所に飛んでいくし、凍れば溶けていくし…。

水と同じように、日本舞踊も古典というものはたくさんありますが、常に進化していくものだという希望と願いが(本作には)込められています。

――本作は新作で、今までと違う新しい挑戦をされているとのことですが…。

実は「水ものがたり」は「常磐津(ときわず)」の新作で、歌詞に現代語を使って作られています。「女人角田~たゆたふ~」は三味線奏者の本條秀太郎さんの作品で、以前に上演されているんです。

以前に上演されて作品を新作でやるのは初めてのことで、実際に作品を見せていただいたのですが、古典的ではない新たなものとして演じるのが新作の定義になるのではないかなと思います。新作というのは、やったことのないことをまっさらな状態から探すということだけじゃないということですね。

また、「当世うき夜猫」は上妻宏光さんの曲でやる(花柳)輔太朗さん演出の作品ですが、全員が現代の猫で繰り広げられる作品です。話を聞いていると、「どういう作品になるだろう?」と楽しみな感じです。

――パンフレットを見ると、「当世うき夜猫」には“移民の受け入れ”“降りかかる災害”など、割と最近の現代の言葉が使われています。これはあえて、使っているのですか?

そうですね。今生きている人間が作る作品というのが、新作の日本舞踊です。古典的な音楽を使ったから、新作ではないということではないし。新作には今の時代の出来事や体験が作品に反映されると思うし、「当世うき夜猫」は特にそれを強調してできた作品じゃないかと思いますね。

■ 今も昔も、美しいものは美しい

――日本舞踊の定義とは何ですか?

一番難しいところではあるのですが、あえて言うのではれば、リズムに合せて体を動かすということが唯一の定義だと思うんです。今回、僕が手掛けた作品「擽―くすぐり―」は25分間でへとへとになるまで踊りつくせば一つの作品になるのではないかというところから生まれました。楽しければ笑っていただいて、感覚で楽しんでいただければと。(楽しみ方は)人それぞれでいいと思います。

――歴史などの知識がないと日本舞踊を楽しめないのではと思っていたのですが、むしろ素人でもいろいろ楽しめる部分もあるんですね。

美的感覚というのは、昔とそうそう変わっていないと思うんです。今、小顔で足が長いのが格好いいとされていますが、昔も足が長いのが格好いいとされていました。

例えば“見得(みえ)”という決めポーズがあるんですけど、これは今もずっと格好いいものとして残っている一つの型です。だから、新作をやる時は格好いい“見得”じゃないと通用しないんです。それは古典をやっても同じなんですけど。だから新作を作る時は正しい“見得”を勉強し直します。新作をやる時はあえて古典の型を避けてということではなく、古典のすり足とか姿勢などを大切にしています。

――新作ですが、ただ斬新なだけではないんですね。

そういう時代もありました。洋楽を使って、着物を着て踊るみたいな。でも、その組み合わせだけではないと思います。

温故知新というか、古いものが新しいものだったりすることもありますし。それが今回の「水ものがたり」の「常磐津」だったり、「女人角田―」の俚奏楽だったり…。今回は、いろいろな色合いが入っているかもしれませんね。

――日本舞踊初心者の方が、入ってきやすいですね。

そうですね。ただ僕が新作を作る時は、僕が見たいものを作るんです。ある意味、お客さんを巻き込みたいという思いがあるので、見たことのない人、触れたことのない人に興味を持ってもらう思いで作ることはないですね。自分が見たことないから、創るしかないんです。

僕が面白いと思っていることをお客さんも面白いと思っていただけるといいんですけど、だいたい「変わったことをする人なんだね」と思われることが多いです(苦笑)。

それこそ、「スケートをはいて六法を踏んだら格好いいんじゃないかな」と思っていましたから、言っているだけの時には「何を言っているんだ?」って話でしたが、実際に「氷艶―」で実現しましたからね。「本気だったんだ」って、思っていただけてうれしいです。

――では、最後になりましたが本作の見どころをお願いします。

正直、この新作は第1回目ではありますですが、崖っぷちに立っている第1回目なので、皆さんに知っていただけなければ本当に次はないという公演なんです(苦笑)。たくさんの方に来ていただきたいですし、僕の作品「擽―くすぐり―」では全員で息をそろえて踊る人間のエネルギーというかパワーの格好良さを感じてもらいたいです。

そして、次につながるためにも、一人でも多くの方に見ていただきたいです。

最終更新:6/15(木) 21:15
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)