ここから本文です

作画と3DCGのハイブリッドで実現する、『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』3グループ18人の決戦ライブシーン

6/15(木) 10:53配信

CGWORLD.jp

2010年のゲーム発売からTVアニメ、ライブなど多方面に展開を続け男性アイドル作品の金字塔とも言える『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ。昨年10月から放映されたTVアニメシリーズ4期から、12話と13話にてOAされた決戦ライブシーンのメイキングを紹介する。

ライブシーンではほぼ3DCGによってキャラクターが表現されているが、CGディレクターの中島 宏氏はこのCG制作の中で注力したポイントを「ライブシーンでは、作画では難しいカメラワークの部分を3DCGが担当しているため、3DCGならではの表現というよりは、いかに作画に馴染むルックを3DCGで作成するかがポイントとなりました」と話す。作画でもやれないことはないが、効率やコストパフォーマンスを追求した結果として3DCGで制作するという判断だという。決戦ライブには、3グループ18人ものキャラクターが登場するため、かなりバリエーションやボリュームのあるモデル制作となるが、様々なCGアニメ作品のモデリングに関わり、フィギュアのデジタル造形も手がける宮嶋克佳氏がキャラクターモデリングディレクターとして参加しており、作画に非常に忠実なアイドルキャラクターが3DCGで実現されている。

TOPICS 01 キャラクター造形

決戦ライブの準備が始まったのは、2016年1月。モデリングの本制作に入る前に、中島氏や宮嶋氏が作画監督やキャラクターデザイナーと直接打ち合わせをして、イメージの擦り合わせを行なったという。「作画監督とは、先行して作成していたモデルを見せながら、意識の擦り合わせを行いました。他のプロジェクトでも同じですが、作画スタッフとCGスタッフが密にやりとりをしながら作業を進めていくというのはワークフロー的にとても難しく、どうしても意識のズレが出てきてしまいます。そこでなるべく早い段階で打ち合わせをして、少しでも意識のズレがなくなるようにしました」と宮嶋氏は話す。具体的には、例えば作画のこの線はシワなのか衣装のディテールなのかといった線の解釈の仕方、設定画には描かれていない靴の裏の設定や衣装の構造など、3Dモデル化にあたって必要になる細かな部分を詰めていったという。シリーズ3期に登場したキャラクターについてはモデルデータが存在するが、若干シルエットが変更されているため、最新の設定に基づいて修正を施しているとのこと。

モデリングの作業は、社内外を含めて約9名のモデラーが担当し、その全ての作業を宮嶋氏がチェックしてクオリティを担保している。宮嶋氏によるチェックバックは非常に細かく丁寧に行われている。「チェックをする際に気をつけていたこととしては、もちろん一番は顔なんですが、男性アイドルなので身体の筋肉の付き方などにも気を配りました。活動的なアイドルだということを念頭に置いていましたね」と宮嶋氏はモデルチェックの際のポイントを語る。モデラーごとにモデリングに使用しているツールは異なるが、最終的にはテクスチャとPencil+3によるマテリアルを設定した状態で、3ds Maxにてテストレンダリングして確認したという。キャラクターの質感設定では、ライティングだけでは作画のような影が出ない部分が多いため、テクスチャに影を描き込んでいる部分も多く、ハイライトも極力テクスチャで表現している。ただ、目線はモーフターゲットによって動かしているため、テクスチャに瞳に落ちる影などを描き込んでしまうと変形することから、影を落とすためのポリゴンを配置して対応している。テクスチャは1体につき10枚から15枚程度使用されており、顔のテクスチャについては2K解像度で用意されたとのこと。

1/3ページ

最終更新:6/15(木) 10:53
CGWORLD.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CGWORLD

株式会社ボーンデジタル

vol.231
11月10日発売

1,512円(税込)

CG・映像クリエイター総合誌
特集1 Houdiniイズム
特集2 3DCGポートレート 2017