ここから本文です

太っている先輩が「やせてていいよね」って! どう切り抜ければいい!? [with]

6/15(木) 11:50配信

講談社 JOSEISHI.NET

微妙な顔見知りと二人きりだったり、悪口を振られたり……。変なことを言ってこじれたくない! そんな気まずいときの気の利いた返しって? 読者と横澤夏子さんに、どう切り抜けているのかを聞きました!

『みんなどうしてる? あるあるシチュエーションの切り抜け方』

1.「毎回、大遅刻をする友達に、一回ビシッと言いたい!」

いつも「ごめんね~」とか軽く謝ってくるだけ。気が収まらない!

・「そんなことばかりしていると誘われなくなっちゃうよ」と、私自身言われたことがあります。(24歳・建設)

・「◯◯ちゃんて遅刻多くない? 体調でも悪いの?」と真剣な顔で気遣ってみる。(30歳・商社)

・「今度から遅れそうなときは、起きたら連絡もらっていいかな? そうしたら待ち合わせ時間遅くするからさ」と、叱る感じではなく、やんわり伝えます。(29歳・マスコミ)

Natsuko's check!〈ユーモアを交えつつビシッと〉

「私はそんな態度で来られたら『二度と遊ばない』と思うタイプ。なので、わりとビシッと言います。『許さない。何おごってもらおうかな』とか『時給にしたら○円だね』とか『あれ、菓子折りないの?』とか。ただ病気などやむを得ないこともあるので、本当の理由を聞いてからですけど」(横澤さん)

2.太っている先輩から「やせてていいよね」と言われた!

「そんなことないですよ」と否定をすると、イヤミに聞こえそう。

・「え! そうですか! ありがとうございます!」とおおげさにビックリしている感じを出して感謝すれば、イヤミにならない。(29歳・マスコミ)

・「最近ダイエットしてるんですけど、そのせいかいつも体調が優れなくて……」と悩みモードに。(33歳・販売)

・「昔、彼にフラれたのがきっかけで、結構無理してダイエットしたんです」って悲しい方向に持っていく。(29歳・食品)

・「ありがとうございます♪ 実は今このダイエットにハマッてて頑張ってるんです!」と、ダイエット話にすり替える。(25歳・接客業)

・「そのかわりペチャパイですけど(笑)」と自虐に持っていく。(26歳・メーカー)

1/3ページ