ここから本文です

プリンス井上芳雄がミュージカル愛を語る。デビュー時の気持ちは「やっときたか…」

6/15(木) 12:00配信

otoCoto

「ミュージカル界のプリンス」と称され、出待ちするファンの列は“プリンス・ロード”と呼ばれる人気実力派俳優、井上芳雄さん。現在、主演をつとめるミュージカル『グレート・ギャツビー』が絶賛公演中です。最近では日曜劇場『小さな巨人』(TBSテレビ)にも出演するなど、舞台以外にも活躍の幅を広げられている井上さんに、あらためてミュージカルへの思いについて語ってもらいました。


――井上さんは、どんな子ども時代でしたか?

出たがりっていうか、生徒会長や学級委員長をやっていたので、リーダー気質なところはありますね。「生徒会長」みたいに「長」のつくものは何でもやりたがるとか(笑)。中学の頃は生徒会長をやっていて、文化発表会のような場で、先生に「井上くんは歌がうまいから」ということで、コンサートみたいな感じで、3曲ほど歌う時間を作ってくれたんです。僕も一生懸命だったし、何かしらの可能性を感じてくれていたみたいで、先生も応援してくれてました。それで、みんなの前でクラシックや、ミュージカルを一人でやりました。よく考えたら、今とやってることは変わりませんね(笑)。

――「子どもの頃から非常にモテていた」という話もありますが…。

そうですね(笑)。モテると不良に絡まれる…っていう話をよく聞きますが、僕の場合は絡まれたりとか、目の敵にされたりしたこともなく、それなりに、みんなと仲良くしてました。ただ、学校ではみんなと遊ぶけど、授業が終わったらすぐにダンスや歌のレッスンに通っていましたね。小学4年生の頃に初めて「キャッツ」を観劇して、ミュージカル俳優になりたいって決めてから、頭の中ではずーっとミュージカルのことばかりを考えてました。学校では普通にしてたけど、実は学校以外でも色々なことを学んでたんです。その頃は「ミュージカル俳優になりたい」とは思ってても、果たして自分に素質があるのかどうかも分からなかったけど、中学生になった頃には「全国にはライバルがたくさんいるだろうから負けてしまう、もっと頑張らないと」と悶々としてました。福岡が地方都市だから、東京はもっとすごい人がたくさんいるって、その頃から思ってたんです。

――その想像力が凄いと思います。既にプロの考え方ですね。

その後、実際に上京してみると「すごい人もいるけど、そうでもない人もいる」と、それまで思っていたところと少し違う部分もあることに気付きました。どちらかといえば、上京してきた人の方が東京の人に劣らないようにしようと、ハングリー精神があるように感じましたね。

井上さんは、2000年の東京藝術大学在学中、ミュージカル「エリザベート」のオーディションで1000人の中から合格。皇太子ルドルフ役を熱演しました。大学在学中にオーディションに合格することは、極めて異例のことです。

――オーディションに合格した時のお気持ちは?

「やっときたか…」という思いだったんです。やはり、子どもの頃から10年間、ミュージカルのことばかりを考えてきたので「信じられない」というよりは、「思い描いていたチャンスがきた」という感じでした。

1/2ページ

最終更新:6/15(木) 12:00
otoCoto

Yahoo!ニュースからのお知らせ