ここから本文です

世界的建築家・隈研吾氏設計のモバイルハウスに泊まれる! スノーピークの常設グランピング施設がオープン!

6/15(木) 17:01配信

Suits-woman.jp

京浜急行電鉄とアウトドアブランド「スノーピーク」が神奈川・三浦半島に「snow peak glamping京急観音崎」を観音崎京急ホテル運営のもと、常設グランピング施設をオープンしました。

最近よく耳にする「グランピング」とは、「グラマラス」と「キャンピング」をかけ合わせた造語で、大自然のなかで高級ホテル並みの充実したサービスを受けられるキャンプのこと。こちらの施設では、目の前に東京湾を臨む絶好のロケーションのほか、三浦半島の食材をふんだんに使用した料理を、観音崎京急ホテルのシェフが提供してくれます!

ホテルに泊まる感覚でキャンプができるから、屋外に泊まる勇気がない女性にはうれしいサービスですよね。

火おこしはスタッフが対応。至れりつくせり。

BBQは、自分たちで焼きますが、火おこしなどはすべてホテルのスタッフが対応してくれるので、アウトドア雰囲気を楽しみつつ、面倒な作業はしなくて済むのはありがたい!もちろん片付けもしてくれます。まさに至れり尽くせり。
夜はBBQ、朝ごはんは自分たちでホットサンドを作っていただきます。

宿泊するのは、あの世界的建築家が手掛ける……!

食事だけではありません! 今回、注目なのが宿泊するモバイルハウスが、あの世界的建築家・隈研吾氏設計なんです!

隈研吾氏とスノーピークがコラボレーションして制作した【住箱-JYUBAKO-】に宿泊できるのです。なお、この【住箱-JYUBAKO-】は、屋外デッキの広さは、29.2平米。定員大人最大3名。室内の家具は、スノーピークの製品が使われている。室内の広さは約11平米。エアコン完備。冷蔵庫はありませんが、代わりにクーラーボックスが設置してあります。

外壁、内壁ともにヒノキ合板を使用。木のパネルを組み合わせた様なデザインは、モバイルハウスということを一切感じさせず、逆に木のぬくもりに包まれているような気持ちになれます。

入浴は、ホテル併設の「SPASSO」を利用でき、23時までは何回入浴してもOK。露天風呂のほか、各種サウナ、ヒーリングルーム、ボディケアルーム、エステルームなども用意完備されていますよ。トイレは、ホテル内を利用できます。

すでに予約は開始されていて、夏休み期間などは埋まっている日にちもあるとか。都心から約1時間の好立地で、この絶景を眺めながらキャンプができるなら、5万円も高くない!?この機会に体験してみては、いかがでしょうか。

snow peak glamping 京急観音崎
所在地:神奈川県横須賀市走水2-1157-2
アクセス:京急 馬堀海岸駅からバスで10分、タクシーで7分。馬堀海岸駅~観音崎京急ホテル間で無料シャトルバスを運行。
駐車場:観音崎京急ホテルの駐車場を利用可能。宿泊者は無料
客室数:3室(モバイルハウス)
料金(1泊):平日・日曜5万円~、土曜・休前日5万9000円~
Webサイト: http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

最終更新:6/15(木) 17:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。