ここから本文です

ドルチェ&ガッバーナが非難を逆手にとる皮肉のこもったTシャツを発売

6/15(木) 20:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ドルチェ&ガッバーナは、メラニア・トランプに洋服を提供していることを非難されていることに関して、全く気にしていないようだ。むしろそのことを逆手にとり、皮肉を込めたメッセージTシャツ“boycott”を発売した。要するに、ブランド側から購入をボイコットしようと言ってきたのである。

ドルチェ&ガッバーナが、メラニア・トランプに洋服を提供していることで非難されたことを逆手にとったTシャツとは

ブランド広報担当者はこれを、ファーストレディに関するソーシャルメディア上での批判コメントに対する回答だと声明。トランプ夫人はさまざまな場面でドルチェ&ガッバーナを着用しており、最近では先週行われたホワイトハウスへの正式転居の際に、同ブランドのノースリーブにバリーのパンツを合わせている。

デザイナーのステファノ・ガッバーナは、この245ドルのTシャツを皮肉った動画を自身のインスタグラムに公開。そこには次のようなキャプションが付けられている。「大好きな人も大嫌いな人も、気が楽になる」

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。