ここから本文です

「なんと蓄電1年」アウトドアや非常用に活躍するポータブルバッテリー

6/15(木) 20:10配信

ライフハッカー[日本版]

アウトドアの醍醐味と言えば、都会の喧騒を離れた、自然の中でのスローライフ。携帯はオフ、ランタンを灯してのんびりと、木々のそよぎに耳を澄ませる……。

【画像】「なんと蓄電1年」ポータブルバッテリー

とはいえ、友人や家族とのアウトドアともなれば、エンターテイメントが欲しい! という場面もある。音楽を楽しんだり、映像を観たり、スマホやタブレットを使いたい時に必要なのがバッテリーだ。

RIVERは、アウトドア愛好家の強い味方。これまでのバッテリーとは一線を画すスタイリッシュなデザインと、重量11ポンド(約5キロ)と、気軽に持ち運び可能なコンパクトさ。

この大きさだと、すぐ蓄電が切れてしまうのでは? と思われた方、心配はご無用。蓄電期間はなんと1年だというから驚き。ミニ冷蔵庫なら10時間、携帯電話の充電30回以上、ラップトップの充電なら3~5回程度の電力をストックすることができる。

コンセント以外にも、車内搭載バッテリーや太陽光での充電も可能。最大出力容量は500Wとパワフルだ。

アウトドアの他にも、河原でのBBQ、野外での写真撮影、運動会での動画撮影など、活躍の場面は多種多様。いざという時の充電切れにがっかりしないよう、ぜひとも手元に置いておきたい。

接続口のバリエーションも豊富で、同時に最大11の機器を充電することができる。順番待ちをしなくていいのも嬉しい限りだ。地震など自然災害が多く、日常生活における電力依存が高い日本では、非常用避難袋と一緒に備蓄しておくのもいいだろう。そんな場面でも、最大1年の蓄電能力が頼もしい。備えあれば憂いなし。

どんな状況でも足元を固めて快適に楽しみたいしっかり者にオススメの逸品だ。詳細はIndiegogo(https://www.indiegogo.com/projects/river-your-mobile-power-station-solar-generator-battery-powerbank#/)でチェック。

なんと蓄電1年。アウトドアや非常用に活躍するポータブルバッテリー | ROOMIE

(鈴木さや子)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。