ここから本文です

体をいじめ抜いた神野大地に変化が。「まるでケニア人のような走り」

6/15(木) 18:30配信

webスポルティーバ

神野プロジェクト Road to 2020(2)

 神野大地がトレーニングウエアに着替えてトレーニングルームに降りてきた。

「今日は5回目のレイヤー、1クールの最後になります」
 
 中野ジェームズ修一がそう声をかけると、神野は苦笑いを浮かべた。

【写真】中野ジェームズ修一氏を囲む青学陸上部の面々

「今日、電車でレイヤーのことを一旦忘れて寝ようとしたんですけど、なんかソワソワして寝られなくて……。レイヤーの時は、ここに来るまでに覚悟が必要なんですよ」
 
 レイヤーとは、神野が中野と取り組んでいる3つのトレーニング種目(他の2つは瞬発系トレーニング、コアループトレーニング)の中のひとつで、筋持久力を高め、マラソンを走る”足を作る”のが目的の種目だ。3つのうちで最もハードなトレーニングで、過去には中野が指導したアスリートが気を失いかけたことがあるほどだという。それだけに神野が口にした「覚悟」が必要なのだ。

「今日は1クール目なのでレイヤーでABCDEの5種目をスローでやっていきます。これはゆっくりやる方がきついんです。早くやると反動が出てきてしまうけど、スローだと強度が増します。過去4回は順調でしたけど、今回、私がサポートする割合が多かったり、『上げなさい』と言っても足を上げることができないのであれば、もうちょっと基盤を作らないといけない。今日、その見極めをしたいと思います」

 中野は、そう言うとトレーニングを始めた。トレーニングルームにピンと緊張した空気が張りつめる。

 まずは、ウォーキングランジ(※1)から始まった。続いて、ステップ台に右足だけを乗せ、左足を後ろに投げてつま先を中野にサポートしてもらう。ゆっくりと右足を曲げていき、両手をステップ台につけて、右足を伸ばていく。回数は20回ほどで、これがトレーニングAになる。
※1 ハムストリグス(太もも)、腸腰筋、大臀筋(お尻周り)などを鍛える運動。直立姿勢から片足を大きく踏み出して、後ろ脚のひざを地面につけるように腰を落とし、立ち上がりながら、後ろ脚を踏み出す。これを繰り返す。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか