ここから本文です

『あなそれ』山崎育三郎の告白に胸かきむしられる視聴者たち

6/15(木) 13:20配信

女性自身

6月13日、TBS系ドラマ「あなたのことはそれほど」第9話が放映された。

堂々とW不倫する主人公・美都(波瑠・25)や狂気を見せる美都の夫・涼太(東出昌大・29)をはじめ、「登場人物の誰にも感情移入できない」と話題の本作。今回は涼太の同僚・小田原(山崎育三郎・31)の好きな人が判明するとあって、放送前から注目を集めていた。

第9話で小田原は美都の引っ越しを手伝うため、美都と涼太が住む家を訪れる。小田原が自分のことを好きなのではと感じ予防線を張る美都に、「うぬぼれないでくださいよ。俺は涼太が好きなんです」と衝撃の告白。その後、せきを切ったように「美都さんみたいに女のダメなところを煮詰めたような女には興味ない」「俺は2人が幸せならそれで良かったんです。だけどあなたが裏切ったから」「なんでこんな女と結婚したかな」とまくしたてた。

視聴者が「美都に対して思っていたことを代弁してくれた」と溜飲を下げるなか、すべてを聞いた涼太が呆然とした顔で現れる。小田原は「そうなるよな、でも何かスッキリした」「俺なんか、どんだけ正しく生きてても報われない。結婚なんて贅沢、望みもしない。人の気持ちを一生ほしがるなんて、どんだけよくばりなんだよ」と泣きそうな顔で吐露。

小田原が涼太を好きだと予想していた視聴者からは「知ってた」「きたああああ!!!」「小田原ァァァァァ」と喜びの声が上がるいっぽう、「胸が締めつけられる」「このドラマで初めて感情移入できる人を見つけた」「小田原さん幸せになって」と、かきむしられるような悲鳴も上がった。

美都が出て行った後、涼太は夜の闇のなか黒尽くめの服装で1人ランニングをする。不審者に間違われそうなほど必死の形相で走る涼太の頭の中にいるのは、はたして美都か、小田原なのか……。次回はいよいよ最終回。三者三様の恋の行方に最後まで注目したい。

最終更新:6/15(木) 13:20
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2782号・7月11日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

ベンガル 妻が認めた朝加真由美との不倫
大地真央 夫が認めた結婚10年目の別居生活
松居一代 船越英一郎が怯えたGPS24時間監視