ここから本文です

めちゃ楽しい!無料で楽しめるVRアミューズメントパーク「Galaxy Studio Tokyo」笑撃の体験レポ

6/15(木) 18:10配信

@DIME

■Air Showのシミュレーターで真っ逆さまになる

 原宿のキャットストリート沿いにGalaxy VRを使ったアミューズメントパーク「Galaxy Studio Tokyo」がオープンしたというので、早速出かけてみた。

【写真】無料で楽しめるVRアミューズメントパーク「Galaxy Studio Tokyo」

「Gear VR 4D Experience」という面白いVRシミュレーターがある。中でも一番動きが激しそうな「パルサー」を早速試してみる。

 飛行機のアクロバット飛行をシミュレーションした装置は、カーレースで使われるようなハードなバケットシートにごついシートベルトが用意されており、見るからに激しい動きをしてくれそう。ウキウキ気分で乗り込んだ。

 まずはしっかりとシートベルトでカラダを固定する。係の人が「キツいくらいの方が、カラダが安定しますよ~」というのだが、肩が押し込まれて声が出しにくいくらいだ。

 Gear VRも装着し、準備万端。ちなみに手で握っているレバーの先のボタンは今回のシミュレーションでは不要。なんだけれど、意味なくポチポチ押してしまう。気持ちが高ぶっているせいだ。

 フライト開始(あくまでバーチャルですが)。スラローム状の航路をとり、右に左にとカラダが振られる。しかし、この辺はまだまだ余裕。

 おっ、機体が旋回しだしたぞ(しつこいが、あくまでバーチャルだけど)。あっ、天地が逆になる~。

 完全に真っ逆さま。さっきはシートベルトがキツイと文句を言っていたが、締めといてもらってよかった。それにしても、後ろのおねえさんが嬉しそうだ。こっちはもがいているのに(笑)。

 係の人から「余裕があれば左右や上下などの景色を楽しんで下さいね~」なんて言われて、か細く「は~~~い」なんて返事をするが、実は冷や汗もの。景色なんて楽しめるか!(笑) 旋回が終わったと思ったら、急上昇で、今度は後ろにひっくり返りそうになる。下手なジェットコースターなんかよりよっぽど迫力あるし、動きも激しい。大満足である。

■カヤックやマウンテンバイク、スケルトンも大迫力だ!

 Gear VR 4D Experienceにはほかにも、カヤックやマウンテンバイク、スケルトンなんていうシミュレーション体験装置がある。たとえばカヤックでは、滝に落下したり、激流にもまれたり……パドルこそ漕がないが、スリリングな体験ができた。

 途中でハイタッチするシーンが出てくるのだけれど、その時、係の人が相手役をやってくれる。画面の女性とハイタッチする気分でいたら、突然係の人の手に触れてビックリ! 思わず「うっ」ってうめいてしまった。係の方、悪気はないので許して下さいね。

 マウンテンバイクも迫力満点。しかも漕がないでいいからラクチンなのも中年にはありがたい。

 最後にスケルトン体験。これは、ボブスレーのように氷でできたコースをうつぶせになってハイスピードで下る競技のシミュレーション。一瞬マッサージ台のように見えるので、心地良いのだろうと思ったらさにあらず。コースだけならまだしも、宇宙にワープしてしまうのだ。アメージング!

■フィットネスでテニスや水泳のトレーニングもできる

 ほかの装置も体験してみた。こちらは「Galaxy フィットネス」と呼ばれるもの。テニスと水泳の疑似体験ができる。

 ここではGear VRの他に、心拍数などを計測するためGear S3というスマートウォッチを装着する。

 さらに、テニス体験の場合はラケットも持つから、臨場感たっぷり。

 そして、目の前の画面を見ながら、エンジョイ テニス&スイミング! 実は筆者テニスも水泳も自信がある方なので、いいところを見せようと張り切っていたのだが、シミュレーションとのタイミングがまったく取れず、不甲斐ない成績で終わった。悲しい。

 水泳ではバタフライのシミュレーションがあるなど、全身を使った動きを楽しめる。バーチャルなので、実際にプレイしているような気分も味わえるから、健康維持のためにアリかも? って思った。

■Galaxy Gear 360を使った不思議体験も楽しい

 スポーツだけじゃない。たとえば「スノーグローブ」という装置は、フワフワした物体が高速で周回する筒状の部屋の中にヒトが入ることができる。フワフワの動きを変えたり、照明の色を変えたりといった操作が思いのまま。

 中からの景色をGalaxy Gear 360で全天撮影もできる。装置を出た後に、撮影した様子をスマートフォンで観ることも可能だ。

 また、最新のスマートフォン「Galaxy S8」を使い、テーブル状のディスプレイを操作する「インタラクティブテーブル」も面白い。S8をディスプレイに置くと、そこに映っている画像をS8に映し出すことができる。なんとなく不思議でいて、なんとなく癒やされる不思議体験だ。

■疲れたらVR Cafeで不思議な色のドリンクでひと休み

 このGalaxy Studio Tokyoにはカフェも併設されている。

 用意されているのは、ここオリジナルのドリンク「カラフルティー」だ。

 ベースとなる紅茶、紫の「バタフライピー」と赤の「ローズヒップ」、茶色の「アールグレイ」3種を選び、そこにライチやマンゴー、グレープといったカクテルジュース5種から選んだものを組み合わせる。合計15種類のドリンクを作ることができるので、中にはこんな紫色の不思議なドリンクを作ることもできる。

 今回、ローズヒップとマンゴーの組合せをトライしてみた。かき混ぜると程よい甘さでよく冷えていることもあって、爽やか~。おいしいです。

 ちなみに、このカラフルティーはGalaxy Studio Tokyoの公式情報をSNSなどで拡散すれば、誰でも無料で飲むことができるそう。ありがたい話です。

 このように、すっかりGalaxy Studio Tokyoを楽しんでしまった。今回ご紹介しきれなかった施設もまだまだあるし、最新のGalaxy S8を初め、Galaxy製品の実機体験もできる。すべて無料で楽しめるので、みなさん、お時間のあるときにぜひご来場のほどを。

Galaxy Studio Tokyo
(ギャラクシー スタジオ トウキョウ)
開催期間:5月26日(金)~7月3日(月)
開催時間:AM11:00~PM 20:00(予定変更あり)
開催場所:原宿 BANK GALLERY
開催住所:東京都渋谷区神宮前6-14-5

文/中馬幹弘(ちゅうま・みきひろ)

@DIME編集部

最終更新:6/15(木) 18:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた