ここから本文です

エリクソンを6カ月で解任した深センFC 後任の中国人監督に捧げた“ポエム“が話題に

6/15(木) 16:07配信

Football ZONE web

成績不振により解任、元中国代表の王宝山新監督の就任発表

 中国2部リーグに所属する深センFCは現地時間14日、昨年12月から指揮を執っていたスヴェン=ゴラン・エリクソン監督を解任し、中国代表の経験がある王宝山新監督の就任を発表した。その際にクラブが発表した声明がまるで「ポエム」のようだと、英公共放送「BBC」が報じている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 深センFCは昨年12月に、ACミランの指揮経験がある元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ前監督に代えて、イングランド代表やラツィオなどで実績を残したエリクソン氏を招聘し、来季の1部昇格に向けて新たなサイクルに入ったかに見られた。しかし2部で13試合を戦いながら5勝にとどまっている現状に我慢できず、わずか半年でスウェーデンの名将を見限ることになった。

「両者間の交渉は非常にスムーズに運び、弁護士との詳細面を詰める部分だけ残っている」とエリクソン氏との交渉を事務的に伝える一方で、80年代から90年代にかけて中国代表でプレーした王宝山氏が再び指揮を執ることについて、“ポエム”のような文章を発表したとしている。

「ともに戦った記憶は永遠に…」

「11年前、あなたは深センのフットボールを引っ張り、我々を失望させることはなかった。

 9年前、あなたは責任を引き継いで、深センのフットボールを救った。

 ともに戦った記憶は永遠に消えることはなく、そしていま再びレジェンドが帰還した。

 深センのために、我々は再び団結し、新たな旅を始める。

 王コーチ、わが家へようこそ」

 セードルフ氏やエリクソン氏という世界的に有名な指揮官のクビをすげ替えて、かつて指揮を執った中国人監督に1部昇格を託した深センFC。情熱的な詩の表現通り、王監督とともに巻き返しを図りたいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/15(木) 16:07
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新