ここから本文です

負け組の男性正社員と勝ち組の女性正社員・非正規社員 --- 松本 孝行

6/15(木) 17:18配信

アゴラ

最近、アルバイトが集まらずに都内では給与がぐんぐん上がっているということを聞きます。大阪梅田でも牛丼チェーン店などの飲食店で950円程度まで上昇していますし、東京では1000円を超えているという話も聞きます。リクルートジョブズの発表によると、首都圏・東海・関西の平均時給は1,002円になったと発表しており、アルバイトの時給はぐんぐん上がっています(参照:2017年4月度アルバイト・パート募集時平均時給調査(http://www.recruitjobs.co.jp/info/pr20170522_447.html))。

その割にはあまり景気が良くなったという感覚を持っている人は少ないように思います。そこで平成28年賃金構造基本統計調査(http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/index.html)の資料を使って、グラフを作成してみました。そうするとあることがわかりました。それは男性正社員の給与は10年ほど上がっておらず、これからも給与が上がる可能性は低そうだということです。

男女別正社員・非正規社員の給与推移

さて、給与の推移についてをまとめてみたグラフが図になります。平成17年を100とし、そこから平成28年までの賃金を比較しています。

これを見るとハッキリとわかる点が二つあります。一つが男性正社員と男女正社員の平均給与はさほど上がっていないということです。男性正社員の平成17年給与が348.1千円、男女正社員が318.5千円となっていて、平成28年は男性正社員が349.0千円、男女正社員が321.7千円となっています。

もう一つが女性の正社員、非正規社員、そして男性の非正規社員については給与が上がっているということです。各雇用形態別給与は下記の通り上がっています。

・女性正社員…(平成17年)239.2千円⇒(平成28年)262.0千円
・男女非正規…(平成17年)191.4千円⇒(平成28年)211.8千円
・男性非正規…(平成17年)221.3千円⇒(平成28年)235.4千円
・女性非正規…(平成17年)168.4千円⇒(平成28年)188.6千円

男性正社員はここ10年ほど給与は上がっていませんが、女性と非正規社員の方々は給与が上がっているという状況です。まさに男性正社員一人負け状態、となっていることがわかりました。

1/2ページ

最終更新:6/15(木) 17:18
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム