ここから本文です

インテル、左SB獲得難航か。クラブ間で大きな差…長友の去就に影響は?

6/15(木) 19:04配信

フットボールチャンネル

 インテルは、左サイドバックの補強が難航しているようだ。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 DF長友佑都の移籍が以前から噂されるインテルは、両サイドバックの補強を検討している。左サイドバックにはニースのダウベールの名前が挙がっているが、交渉はうまく進んでいないようだ。

 同紙によると、インテルは1200万ユーロ(約15億円)でオファーしたものの、ニースの要求額とは大きな隔たりがあるとのこと。選手本人とは合意に達しているという報道があったが、クラブ間の交渉はまだ時間がかかる見通しだ。

 インテルは14日、ルチアーノ・スパレッティ監督の就任会見を行った。新指揮官は4-2-3-1のシステムをベースとして戦うと宣言しており、補強のポイントは明確になっているはず。ダウベール獲得を進めるのか、別のターゲットに切り替えるのか。インテルの判断に注目だ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)