ここから本文です

水野真紀「この作品が与えてくれた影響は大きい!」

6/16(金) 7:00配信

ザテレビジョン

水野真紀演じる「司法研修所」の検察教官・穂高美子が事件を暴く第6弾が、6月18日(日)にこれまでの「土曜ワイド劇場」から枠異動し、日曜ワイド「司法教官 穂高美子6」(朝10.00-11.50、テレビ朝日系)として放送される。

【写真を見る】変わらぬ美しさをキープする秘訣(ひけつ)を明かす水野

初代、パナソニック電工のCM「きれいなおねえさん」として、今でもその記憶が根強い水野は、現在もさまざまな役に挑戦し続けている。そんな水野に今作に懸ける思いから、見どころ、そして美しさの秘訣(ひけつ)まで! ここでしか聞けない話を聞いた。

――第6弾となりますが、改めてどんな気持ちで演じられたかお聞かせください。

この作品の面白さは“白表紙”(美子が授業で解説する事件を再現したシーン)の部分というか、見る方が「あれ? チャンネル間違えた?」って思うようなシーンが毎回出てくるところだと思うので、今回もどんな“白表紙”が飛び出すのか楽しみにしていました。

あと、技術的なことではなく、あえて“人が止まる”というレトロというか、手作り感が“みそ”でもあって(笑)。さらに、放送枠が移動してこれまでとは(放送の)尺が変わるので、それがどういうテンポの良さにつながるのかなって思いながら演じました。

それに、美子先生の正義感が強くて優しい、でも押し付けがましくないところは、演じていて気持ちがいいですね!

――演じるに当たって参考にしている方はいらっしゃいますか?

特定の人を参考にするというより、同級生で警察官になった子がいるので、「どんな感じなの?」って聞いたり。今回の撮影に入る前、弁護士の友達に会ったのですが、彼女たちはいろんなものを見ている分、人間が鍛えられると聞いたので、私もビクつかず肝が据わった感じを出さなくてはならないなと改めて思いました。

――役作りはどんなふうにされていますか?

司法教官という役柄、普段は使わない言葉が多いのですが、それを自分のものにするためには、まずは覚えるしかないので何度も読み聞かせています。

このシリーズを始めた6年前、滑舌が悪くてスタッフの皆さんにご迷惑を掛けてしまったので、それ以来早口言葉や発声練習を始めました。そういう意味では、この作品が与えてくれた影響は大きいですね!

――美子先生とご自身が似ていると思うところはありますか?

人間ってひとくくりにはできないし、私にもこういうところがあるのかなと思うこともありますね。ただ似ているとも真逆ともいえないかな。ドラマの中で着ているものの中で、私服もあるんです。そういう意味では重なる部分もあるのかな。

――撮影現場では役に成り切っていますか?

成り切るってことはないですね。特にこの作品は客観的な要素が多いので、自分の思いを伝えることもあるけど、誰かが起こした事件を捜査して伝えていくので、分かりやすく伝えるということを意識しています。

ただ、謎解きだけではなく見てる方が自分の人生に重ね合わせることができたり、何か共感していただけたらいいなと思っています。

――撮影現場で、筧利夫さんや勝野洋さん、共演者の方々とは、どんなふうに過ごしていますか?

筧さんは勉強になりますよ、リズムとかアクセントを付けてくださったり、現場にスパイスを効かせてくださる方です。安心できる相棒ですね!

勝野さんは、どっしりとした安心感です。安定感と重厚感があるお二人なので、私も落ち着いていられますね。

皆さんとは、演技についてというより、それぞれの仕事のこととか近況報告をしたり。あと、健康のこともね(笑)。スタッフも含めて和気あいあいとしている現場ですよ。

――監督やプロデューサーと演技について相談することはありますか?

プロデューサーさんをはじめ、スタッフの方たちが面白い部分や何かを投げ掛けるということを練ってくださっているから、私たちはそれを現場で楽しめるんだと思います。

でも間合いとかテンポとか、違うところは違うって言ってくださるので、お任せしています!

――見どころをお聞かせください。

テレビって“日常に入り込んだ箱”だと思っているので、この作品を見て何かを感じていただけたらいいなと思うし、ツッコミどころもあって、何かを投げ掛ける作品でもあると思います。

ネタバレになるので言えないのですが(笑)、とにかく最初から最後まで見逃せないのでぜひご覧ください!

最後に、料理をすることも食べることも大好きだという水野は、現在「水野真紀の魔法のレストランR」(毎週水曜夜7.00-7.56、MBS)でMCを務める傍ら、自身のブログ「女優的養生訓~一日一健~」でも度々食について紹介している。そんな料理好きの水野に、この夏お薦めのメニューについても聞いた。

――これからの季節、特に女性にお薦めのメニューを教えてください。

私の究極のダイエット食なのですが(笑)、栄養も食物繊維も取れて、なおかつ汗もかける「具だくさんみそ汁」に納豆1パックとキムチを入れて食べること!

これはスタミナが付く上に体がスッキリするんです。ダイエットも兼ねて、朝、昼は普通に食べて、夜はこれだけを3日くらい続けると効果が出ますよ!

“きれいな人には裏付けがある”と本誌記者も納得の水野お薦めレシピ、ぜひ試してみたい! そして、第6弾となる「司法教官 穂高美子6」、水野の言うツッコミどころにも注目だ!

最終更新:6/16(金) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2017年号47号
11月15日

特別定価:360円