ここから本文です

年間200日取材をするプロが教える、旅がもっと楽になる「旅の準備」

6/16(金) 18:30配信

BEST TIMES

旅は、バッグに荷物を詰める段階からはじまっている。“パッキング”は、旅の質を左右する大切なポイント。プロが行っているスマートな方法とは? 

本当に必要なものだけを“バッグ・イン・バッグ”で収納

 “旅は身軽がいい”というけれど、いざ実行しようとしても多くの人はその具体的な方法がわからず、出発前に頭を抱えることも。旅ジャーナリスト・のかたあきこさんはパッキングの極意をこう語る。

「旅行の荷物は始終持ち運ぶものなので、軽量かつコンパクトであることが大切です。まず注意したいのが個数。バッグの数が多いと必要なものがすぐに見つからず、移動にも支障が出ます。さらに紛失の危険も高まるため、キャリーケースとショルダーバッグなど、2つまでにしたいですね」。

 バッグが決まったらいよいよ荷物を詰めるわけだが、ここでのか
たさんが“お薦め品”として取り出したのは、無数のポーチやエコバッグ。日本古来の風呂敷もある。「荷物をバッグに直接入れるのではなく、種類や重さに準じて小分けにしましょう。こうすると中で荷物が偏らず、持ち運びがしやすくなるうえ必要なものがすぐ取り出せます。また、全体の重量を減らす工夫も重要ですが、小分けにすることで不要なものや重すぎるものが判別しやすくなります」。

 こうすると荷物は見た目にもすっきりと美しく、心まで軽快だ。出発が楽しみになってくる! 
「使用頻度の高いものはセカンドバッグに集約し、さらに開口部の近くに入れると完璧です。旅程をイメージし、あらかじめピックアップしておくといいでしょう」。

◆荷物のまとめ方5か条

(1)手荷物は2つまで
 “バッグは2つまで”が基本。お土産などが増える可能性があるので最初から詰め込みすぎないことも大切。

(2)使用頻度が高いものはすぐ出せる位置に
 チケットや貴重品だけでなく、携帯枕やスリッパ、防寒着など、移動中に使うものもすぐ出せるように。

(3)荷物は重すぎないように
 荷物の“断捨離”はまず重量の大きなものから。軽量で小型なアウトドアグッズも積極的に活用したい。

(4)小分けにまとめる
 ポーチやエコバッグなどに分別して収納すれば荷物の出し入れがスムーズに。衣類の型崩れも防止できる。

(5)カバンをメンテナンスする
 ジッパーや把手、車輪などに不具合がないか事前にチェック。いずれが壊れても旅程に深刻な影響が出る。

取材・文/川口哲郎

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。

Yahoo!ニュースからのお知らせ