ここから本文です

プロ直伝! 梅雨の部屋別カビ対策[玄関(靴箱)&浴室・洗面所編]

6/16(金) 22:00配信

リビング福岡・北九州

梅雨といえば湿気。そしてカビ。カビの存在に戦々恐々としていませんか。実は、簡単な対策さえしておけば、怖くありません。家庭の整理収納とハウスキーピングで3800件以上の実績を持つ里舘(さとだて)友子さんに、対策法を教えてもらいました。これからでも遅くありません、今すぐ対策を。

■どんな洗剤より掃除道具よりもまず、湿度計を置く!
湿度が分かればコントロールできるのに、湿度計を置いていない家庭が多い!
湿度が60%以上になったらカビ対策を始めればOK。同じ部屋でも上の方より足元が約5%高いので注意です。


【玄関・靴箱】
靴箱は、拭き上げた後、古新聞を敷いておくと湿気が取れるうえ、捨てるのも簡単。さらに古新聞をくるくると丸めてテープで留めたものを靴箱の奥に置いておきましょう。濡れた靴は、玄関にレンガを置き、その上に置いて乾かします。完全に乾くまで靴箱には入れないで。

【浴室】
換気扇は24時間付けっぱなしに。ドアを開けておけば家中の空気の循環に役立ちます。ボトル類の底はぬめりやカビの元。置きっぱなしにせず持ち込み制に。入浴後は温かいうちに壁などにシャワーを掛けてスクイーザーを掛け、継ぎ目を拭けばOK。

【洗面所】
室内干しは洗面所か浴室でぜひ。扇風機で対流を作って。洗濯機は、排水周りなどを普段より念入りに。
シャンプーはカゴに入れて持ち込み、使用後は洗面所に掛けておくと早く乾きます

[ 教えてくれた人 ]
「ハウスキーピングSan」代表 里舘友子さん

リビング福岡・北九州の前後の記事