ここから本文です

オアシス再結成の可能性について、リアム「もう終わったこと」

6/16(金) 6:40配信

MEN’S+

 90年代のロックシーンを牽引した人気バンド、オアシス。 
 
 このたびフロントマンであるリアム・ギャラガーが、オアシス再結成の可能性について言及しました。

【 第59回グラミー賞を振り返る!! 】 神々しいアデルとビヨンセら

 リアム・ギャラガーは、「オアシスは『終わり』を迎えたため、バンドを再結成することはないと発言しました。 
 
 2009年に解散したオアシスは、リアムが再結成に賛成しているものの、兄ノエル・ギャラガーとは意見が一致しないため、再結成は実現しないと考えているとのことです。 
 
 イギリス・マンチェスターでのテロを受けて、アリアナ・グランデが主催したチャリティーライブ「ワン・ラブ・マンチェスター」にノエルが参加しなかったことに対し、いまだに怒りが収まらないリアムは、「ノエルへの怒りで余計なエネルギーを消耗したくない」と、英BBCラジオ2のクリス・エヴァンズに話しました。 
 
 また、「オアシスはもう終わってるよ。もう終わったことだし、実際、もうずっと前から終わってたんだ。マンチェスターのことはさておき、ノエル・ギャラガーは再結成なんて望んでいないのさ。以上。ノエルはソロを楽しんでいるからね…。ノエルは俺たちと意見が合わないことを知っているから、もう俺のやり方に合わせたくないんだよ。奴は自分に賛成してくれる人に囲まれていたいのさ。自分の好きなように雇ったりクビにしたりできるだろ。でも、俺が相手じゃそうはいかないからね。マンチェスターのみんなへの同情や共感の気持ちを示さなかったことを、とやかく言っても仕方ないじゃないか、それは関係ないよ。とにかくオアシスは終わっているんだ」と、続けてコメントしました。 
 
 また、リアムは誰よりもノエルがバンド解散を望んでいたと続け、「俺は最初からバンドの解散なんて望んでいなかったんだ。ノエルときたら、何かとんでもないことが起こったみたいに、大げさにしてさ。奴はソロ活動をしたかったから、バンドを終わらせたかったんだ。俺はなんで、みんながそれを分かってくれないのか不思議だね」と明かしました。

MEN’S+/BANG SHOWBIZ

最終更新:6/16(金) 6:40
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!