ここから本文です

唾液を増やし、顔の歪みやむくみが解消!?審美歯科医が実践する「口まわりエクササイズ」

6/16(金) 17:10配信

OurAge

実は、美容と健康に効果大なのが、口まわりをケアして不調を解消するエクササイズ。歯科医の石井さとこさんが毎日実践しているという、唾液を増やすエクササイズをご紹介しよう。

「特に私が重視している唾液は“天然の若返り美容液”ともいわれるもの。年齢とともに分泌量が減っていきますが、しっかりかむこと、そしてエクササイズをすることで増やすことができます」

年齢とともに減るといわれている唾液が増量、顔の歪みやむくみも解消するそうだ。

●歯ブラシをくわえて簡単チェック!「歯ブラシエクササイズ」で唾液も増量
「歯ブラシを前歯で横にくわえてみてください。口角が自然と上がりますね?これが笑ったときの理想的な口角の位置です。これは口角の位置が確認できると同時に、ストレッチ効果もあるエクササイズです」

●舌を正位置に戻し、顔の歪みを解消する[レロレロエクササイズ]
「舌の正位置は、舌先が上の前歯の後ろの歯茎についている状態。舌の筋力が弱っていると舌も下がり、口元に緊張感がなくなります。ぜひこのエクササイズで鍛えてください」
1 舌先を上の前歯につけるのがスタート位置
2 舌を出し「レロレロ」と10回上下に動かして

●唾液を出し、顔のむくみもすっきり[ぴよぴよぷーエクササイズ]
「口輪筋を鍛えます。すぼめる→ふくらませるといった逆の動きをすることで効果がアップ。ぴよぴよと小鳥のくちばしを真似て、唇を上下に開けたり閉じたりしましょう」
1 唇をすぼめて「ぴよぴよ」。4回動かす。
2 深呼吸したあと両ほおを「ぷー」とふくらませて。

●ほうれい線を薄くする [10秒舌回しエクササイズ]
「口輪筋を鍛えるエクササイズです。ほうれい線を薄くする効果があります。コツは、舌をゆっくりと10秒かけて1周させること。目も一緒に動かすと顔の筋肉も刺激できます」
1 舌でほおの内側をなでるように10秒で1周。
2 逆方向へも同じく10秒かけて1周。ゆっくり10秒かけるのがポイント。

●リンパの流れをよくし、顔や首がすっきり[アインシュタインベー]
「表情筋をほぐして舌まわりの筋肉を鍛え、リンパの流れをよくするエクササイズです。顔のむくみを解消し、首まわりをすっきりさせる効果も。唾液の分泌も促します。“あっかんベー”をダイナミックにする感じで」
1 顔の筋肉をフルに動かしながら舌を下に出す。
2 舌先を持ち上げたり、目を左右に動かして。

最終更新:6/16(金) 17:10
OurAge