ここから本文です

【ビジネス女子マナーQ&A】自分の脇汗が恥ずかしい。ビジネスマナーとしてもナシですか?

6/16(金) 17:01配信

Suits-woman.jp

今回のビジネス女子マナーは、PR会社勤務の長谷田加奈子さん(仮名・28歳)からの相談です。

「外回りの仕事が多く、自分の脇汗が気になります。服に染み出て見た目もよくないし、乾くまで本当に恥ずかしいです。それに、ニオっているのかも……と心配にもなります。デオドラント剤などは使っているのですが……。脇汗染みた私は、ビジネスマナー違反をしているのでしょうか?」

暑くて汗をかくのは人間の機能として正常なことです。でも、ビジネスの場では気になりますよね。ビジネスマナー違反といえるのでしょうか?鈴木真理子先生に教えていただきましょう。

☆☆☆

脇を気にさせないことがマナー

脇汗が気になる。わかります。私も、緊張すると脇汗をかきますよ(笑)。数年前、なんとかしたいと思って病院に行き、治療を受けましたが効果は乏しかったです。先生にも「君は重症だね」と笑われてしまいました。

脇汗の悩みを抱える働く女性は少なくありません。

ビジネスのマナーとしても、華美なメークや服装と同様「ビジネス以外のことで相手の気を削ぐ」という点からいうと、注意したいところではあります。同業の女性数名とも「洋服に染みると、見た目にもよくないわね。どうしている?」と話したこともあります。

見た目を気にする場合には、夏のオフィスのコーディネートアイテムから、汗が目立ちやすいものを外すのも一案です。ベージュや薄いグレーなどのジャケットは、汗で濡れた箇所が目立ちやすいようです。

また、下着の上に直接シャツやブラウスを着ないで、袖付きのインナーを挟むことも対策のうち。今年はふんわりした袖のボリュームトップスが流行っていますから、インナーのラインは出にくいと思います。脇汗をキャッチできるものがおすすめです。

真夏になると、ノースリーブのシャツやブラウスを着用する女性も増えていますが、袖のあるもののほうが、内側に脇汗パッドを入れたりすることもでき、対策しやすいでしょう。脇が丸見えにならないという観点からも◎です。

1/2ページ

最終更新:6/16(金) 17:01
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。