ここから本文です

トランプvs元FBI長官、公聴会の勝者は誰か?

6/16(金) 12:20配信

Wedge

 今回のテーマは「コミー氏の証言」です。2017年6月8日、ジェイムズ・コミー米連邦捜査局(FBI)前長官は、上院情報特別委員会でロシア政府とトランプ陣営との共謀疑惑に関して宣誓証言を行いました。テレビ視聴者数は全米で約1950万人でした。

 本稿では、まずコミー前長官の証言の信ぴょう性について分析し、次に共和党上院議員の議論の狙いを明確にします。さらに、公聴会に対する極右サイト「ブライトバート・ニュース」及びFOXニュースの反応を紹介したうえで、誰がこの公聴会の勝者かについて考えます。

コミー証言の信ぴょう性

 コミー前長官は、トランプ大統領との9回(面会3回・電話6回)にわたる会話の内容に関する書面を上院情報特別委員会に提出しました。この書面には両氏が会話を交わす場面が、詳細に描かれています。

 特に、2017年2月14日にホワイトハウスの大統領執務室で開かれたトランプ大統領と情報機関幹部の会合です。同大統領の机の前に半円を描くように置かれた6席の椅子に、マイク・ペンス副大統領及びジェフ・セッションズ司法長官等が着席したと述べています。コミー前長官は同大統領の正面の椅子に座ったと書いてあります。同前長官の後ろにはソファーと椅子があり、複数のホワイトハウスのスタッフが座っていたと注意深く観察しています。会合が終わると、同大統領から同前長官以外の情報機関の幹部とスタッフは退席を求められました。

 コミー前長官は、その際の様子も詳細に記述しています。セッションズ司法長官が同前長官に話しかけてきてぐずぐずしていたので、トランプ大統領が退席を促したというのです。最後に執務室に残ったのが娘婿のジャレッド・クシュナー大統領上級顧問でしたが、同大統領は同上級顧問も退席させました。2人になったところで、同大統領は国家安全保障担当のマイケル・フリン前大統領補佐官の話を持ちかけて、「彼(フリン)はいい奴だ。彼を放っておくことを望んでいる」と語ったというのです。

 ホワイトハウスの大統領執務室には木箱入りの床置き大型振り子時計があります。その時計の傍のドアから執務室に入ろうとしたラインス・プリーバス大統領首席補佐官に対してトランプ大統領が、「すぐに終わるから」と言いながら手を振って同首席補佐官にドアを閉めさせたというのです。このあたりの描写も詳細です。コミー前長官の書面及び証言は信ぴょう性が高かったといえます。

1/3ページ

最終更新:6/16(金) 12:20
Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2017年9月号
8月19日発売

定価500円(税込)

■特集  捨てられる土地
・所有者不明だらけの日本国土
・所有者不明土地が招く空き家問題
・登記義務化と利用権制限 次世代のための制度改革を