ここから本文です

ヘアスタイルで気分を変えよう。2017年上半期のヘアトレンド

6/16(金) 17:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

季節の変わり目に、ヘアスタイルをチェンジして気分を変えたいという人も多いはず。そこで、2017年上半期に話題となったヘアトレンドをピックアップ。旬のスタイルやカラーで、ヘアスタイルにもトレンドを取り入れて。

【写真】2017年上半期のヘアトレンド・ベスト9をチェック

1. プラチナカラー

ケイティ・ペリーやカーラ・デルヴィーニュといったスターが、彼女たちのシグネチャーだったヘアカラーに見切りをつけ、シルバーがかったプラチナブロンドへと移行。ケイティもカーラも、そのあとバッサリとヘアカット。なぜならショートヘアのほうが、ずっとブリーチしやすいから。

2. ハイ・ポニー

頭の高い位置でキュッとまとめたポニーテール。エアリーでもストレートでも、ハイ・ポニーテールはどんなファッションにも、エレガントで気取らない雰囲気をプラスしてくれる。さらに、ぎゅっとタイトに結べば結ぶほど、顔のリフトアップ効果も!

3. スーパー・スリーク

ヘアアイロンで作る、まっすぐでツヤツヤのセンターパートスタイルは、今年上半期のビッグヒットのひとつ。だけど、このスタイルは髪が健康的に見えなければ意味がない。ストレートアイロンでスタイリングする前に、熱から保護するスタイリング剤を髪全体につけることを忘れずに。

4. 長めのシャギーヘア

シャギーヘアは、昨年驚くべきヒットとなったスタイル。とはいえレイヤーや前髪は、どうしたっていつかは伸びるもの。肩先まで伸びたヘアと、ちょうどセンターで分けられるくらいになった前髪で作る長めのシャギーヘアは、今年注目を集めるスタイルだ。

5. フラット・ウェーブ

ビーチヘアでもくるくるウェーブでもないフラットアイロン・ウェーブは、ヘアアイロンで作る新しいウェーブスタイル。ケンダル・ジェンナーのように、ストレートアイロンで作ればよりさりげなく、グラマラスなムード控えめのモードな印象に。髪を上のほうに引っ張りながら折り曲げ、ヘアアイロンで2、3度ぎゅっと押さえて、その形をキープ。それを何度か繰り返して。毛先はまっすぐ残しておくと、野暮ったくならず洗練された仕上がりに。

6. 無造作ボブ

トレンドのボブカットにするなら、無造作かつシャープなボブがおすすめ。角度をつければつけるほど、なお良し。ベラ・ハディッドやセレーナ・ゴメス、リアーナをお手本に。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

ハーパーズ バザー・オンラインの前後の記事