ここから本文です

指揮官クライフの下でメッシがプレーしたら? グアルディオラ監督が言及「きっと衝突が…」

6/16(金) 10:15配信

Football ZONE web

クライフ氏はドリームチームでビッグネームと丁々発止のやり合い

 バルセロナのクラブ史を象徴するプレーヤーと言えば、かつては元オランダ代表FWヨハン・クライフ、そして現在はアルゼンチン代表WFリオネル・メッシであることは多くの人が認めるところだろう。もし彼らが指揮官と選手の関係として集うことがあったなら――そんな仮定を、両者とともに戦った経験のあるペップ・グアルディオラ監督が言及している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 スペイン紙「マルカ」によると、ペップ監督は昨年死去したクライフ氏のイベントに参加。自らの現役時代はクライフ氏に抜擢された経緯があり、引退後バルサの指揮官となったメッシの才能を最大限まで引き出す戦術を編み出したことで、名将の地位をゆるぎないものにしたのは印象に新しい。それぞれのパーソナリティを知るだけに、2人がもし同じクラブで仕事をしたらどうなるかを、こう想像している。

「きっと彼らの間には、衝突が起こったんじゃないかな」

 自らのサッカー美学を貫き通すクライフ氏は、「ドリームチーム」と呼ばれた豪華絢爛なチームを作り上げた指揮官時代に、元ブラジル代表FWロマーリオ元ブルガリア代表FWストイチコフといったビッグネームと丁々発止のやり合いをしていたことは有名な話である。もしその対象がメッシになっても同様と見ているが、それはチームを向上させるための必要条件だともペップ監督は語っている。

新たなイノベーションも起きていた?

「衝突の期間を経験することになるだろうけど、そこから彼らはお互いを見つけ出すことになる、なぜなら彼らは非常に知的だからね。ヨハンの指揮官としての管理術、そしてメッシの潜在能力をもってすれば、彼らは多くのことを勝ち取ったのは間違いないね」

 クライフとメッシというバルサが生んだ天才は、直接仕事をともにすることはなかった。しかし両者を知るペップ監督の頭の中では、もし両者が出会っていればサッカーに新たなイノベーションを起こしていたと想像しているのだろう。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/16(金) 10:17
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新