ここから本文です

GIF・30周年、いまもネットを動かし続けるその「誕生秘話」

6/16(金) 19:30配信

WIRED.jp

画像フォーマット「GIF」が、最初の発表から30周年を迎えた。WWWよりも先に誕生したこのフォーマットが、どういう経緯で産まれ、ネットをどう変えてきたか。

ダンシングベイビーからアート作品まで、いまもネットを動かし続けるGIFアニメ

ウェブサイトで人気のファイルフォーマット「GIF」は、2017年5月に30周年を迎えた。そう、GIFはミレニアル世代なのだ。

30年といえばウェブの世界では“古株”だが、これを妙に思う人もいるはずだ。GIFアニメの急増は、比較的最近の現象だからだ。いまでは、TwitterにGIFボタンがあるし、アップルもiOSのメッセージングアプリにGIF検索を追加している。

こうしたメインストリームからの承認は、たとえ10年前でも、思いもよらないことだった。確かに当時も、点滅テキストと埋め込みMIDIファイルとして文化的に認められてはいた。しかし、いまやGIFは、至るところで使われている。それも懐古趣味としてではなく。

「静止画」から始まった

GIFアニメは、不遇だった1990年代の原点を脱却し、いまや日々のデジタルコミュニケーションの重要な一部だ。

オーソン・ウェルズの拍手や、ポップコーンを食べるマイケル・ジャクソンのように誰もが知るGIFがある一方で、「シンプソンズ」の人気GIFのリミックスである、生け垣に消えるショーン・スパイサー(トランプ政権のホワイトハウス報道官)のような政治風刺のGIFもある。GIFは現在、表現とデジタルリテラシーを示すものという2つの機能を兼ねている。

いまとなっては、GIFは「ループする短いアニメ」の代名詞になっている。しかし、当初は静止画像の表示方法だった。

スティーヴ・ウィルハイトが、「グラフィックス・インターチェンジ・フォーマット」(GIF)に取り組み始めたのは1986年初頭のこと。当時ウィルハイトは、初期のオンラインサーヴィス「コンピュサーヴ」のプログラマーだった。コンピュサーヴは、チャットルームやフォーラム、株価のような情報などにダイヤルアップモデムを使ってアクセスできるサーヴィスだ。

ウィルハイトの上司だったサンディ・トレヴァーは、当時は2つの問題を解消したいと考えていたと、『WIRED』US版に語った。

ひとつは、すべてのコンピューターで使えるグラフィックスのフォーマットをコンピュサーヴは必要としていた、ということだ。当時、PC市場ではアップル、アタリ、コモドール、IBM、タンディといった複数の企業が独自の方式でグラフィックスを表示していた。コンピュサーヴは当時、NAPLPSなど、別のグラフィックスフォーマットを使っていたが、実装が複雑すぎるとトレヴァーは考えていた。そこで、どんなマシンでも機能するシンプルなフォーマットの開発を、ウィルハイトに課したのだ。

トレヴァーがウィルハイトに求めたもうひとつの条件は、遅い接続環境でも鮮明な画像を素早く表示できるテクノロジーだ。「1980年代は、1,200ボー(baud)が高速でした。多くの人は300ボーのモデムしかもっていませんでした」とトレヴァーは言う(現在の米国の平均的なブロードバンド接続は、その「超高速な1,200ボー接続」の4万倍以上のスピードがある)。コンピュサーヴにとって、ファイルの小型化は切実だった。

1/2ページ

最終更新:6/16(金) 19:30
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc