ここから本文です

【MLB】隻腕アボット、奇跡の初安打から18年 米国でやまない賛辞「天賦の才あった」

6/16(金) 17:13配信

THE ANSWER

メジャー通算87勝の隻腕投手アボットが挑んだ「新たなチャレンジ」

 1999年6月15日(日本時間16日)、MLBのある隻腕投手が放ったメジャー初安打が野球ファンの心を打った。男の名前はジム・アボット。MLB公式動画サイト「Cut4」は18年前の映像とともに、「アボットは歴史を作った」と改めてその功績を称えている。

【動画】奇跡の一振りから18年…隻腕左腕・アボットによるMLB初安打の瞬間

 生まれつき右手首から先がないハンデを抱えながら、高校時代から注目を集めたアボットは、卒業後の1985年にMLBドラフトでブルージェイズから36番目に指名を受けたが、契約せずにミシガン大学に進学。88年にMLBドラフトでエンゼルスから1巡目8位指名を受けてプロ入りした。

 記事では、アボットが1989年にマイナー経験なしで開幕ロースター入りを果たし、MLBで10年間プレーしたこと、ヤンキース在籍時の93年にノーヒットノーランを達成した経歴を紹介。そして、96年に現役引退後、98年にホワイトソックスで現役復帰して臨んだ「新たなチャレンジ」について触れている。

 1999年、アボットが新天地に選んだのは自身初のナ・リーグとなるミルウォーキー・ブリュワーズ。これまで在籍したア・リーグの球団とは異なり、投手も打席に立たなければならない。MLBにおける一般的な投手であっても、ヒットを打つことは決して簡単ではないだけに、隻腕のアボットにとって、それはまさに新たなチャレンジだった。開幕から15打席無安打だったが、6月15日のカブス戦で“奇跡の瞬間”は訪れる。

初安打の2週間後、生涯2安打目を記録 打った相手は奇しくも同じリーバー

 1-1で迎えた4回2死一、二塁の場面で打席に立ったアボットは、カブスのジョン・リーバーが投じた外角高めの球にバットを一閃。痛烈なライナーは遊撃手の頭上を越え、二塁からランナーが生還してメジャー初安打は初打点のおまけ付きとなった。

 その後、アボットはカブスに逆転されて負け投手となってしまったが、記事では試合後にアボットが米紙「ロサンゼルス・タイムズ」に「とても良かった。僕たちはああいった瞬間を求めてプレーしているんだ。忘れることはないだろうね」と語っていたと回顧。さらに、初安打から2週間後の6月30日に記録されたヒットが、奇しくも同じカブスのリーバーから放ったものであったことを付け加え、「彼には天賦の才があった」と賛辞の言葉を送った。

 メジャー通算87勝とともに、奇跡の安打でMLBの歴史に名前を刻んだアボット。その功績は18年経った今も、そしてこれからも色あせることはないだろう。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:6/16(金) 17:13
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ