ここから本文です

【16日のセ・パ交流戦結果その1】阪神・岩貞7回1安打1失点、西武・菊池7勝目、交流戦首位攻防はSB先勝

6/16(金) 21:10配信

ベースボールチャンネル

〇ソフトバンク5-3広島●(マツダスタジアム)

 ソフトバンク・バンデンハーク、広島・ジョンソンの助っ投対決は、ソフトバンクが制した。

独立リーグ唯一の女性投手「ナックル姫」。25歳の素顔

 初回、ソフトバンクは松田・今宮の連打でチャンスを作ると、ジョンソンの暴投、柳田の適時打で2点を先制。3回は川島の今季第2号となる本塁打で2点、4回には松田の三ゴロ間に1点を奪い、リードを広げた。

 投げては、バンデンハークが丸に3本塁打を浴びたが7回を110球で8安打、9奪三振、1四球、3失点と粘投。そして、8回を岩嵜、9回をサファテが無失点に抑え試合終了。

 敗れた広島は丸が2012年のニック以来となる3打席連続本塁打を放ち1人で気を吐いたが、好機で一打が出ず劣勢を跳ね返せなかった。

〇阪神4-2楽天●(甲子園)

 投手陣の好投が光った阪神が連勝を飾った。

 2回、阪神は一死から鳥谷が内野安打で出塁すると、続く原口が今季第5号となる本塁打を放ち2点を先制。そして、8回には北條・高山の安打、福留の四球で一死満塁のチャンスを作ると、鳥谷が適時打を放ち2点を追加した。

 投げては、先発・岩貞が7回を三好のソロ本塁打のみによる1安打1失点にまとめると、8回をマテオ、9回をドリスと繋ぎ、試合を締めた。岩貞は今季3勝目、ドリスは20セーブ目をマークした。

 敗れた楽天は、プロ初先発となったドラ1ルーキー・藤平が5回5安打2失点と好投を見せたが、打線が散発2安打と振るわず、3連敗となった。

〇西武9-1中日●(ナゴヤドーム)

 西武・菊池、中日・小笠原の速球派左腕対決は、西武が制した。

 1点ビハインドで迎えた4回、西武は秋山の三塁打・中村の犠飛で同点に追いつく。そして、続くメヒアが左中間スタンドにソロ本塁打を放ち1点を勝ち越す。そして、5回には秋山に今季第13号となる本塁打が飛び出し2点、6回はメヒアが2打席連続となるソロ本塁打を放ち1点を追加。

 そして、9回に西武は中日のドラ6ルーキー・丸山に襲い掛かり、金子の適時打、秋山のこの日2本目となる3点本塁打でダメ押しの4点を加え、リードを8点に広げた。

 投げては、先発・菊池が8回を119球で4安打、10奪三振、1四球、1失点の快投で今季7勝目を手にした。

 敗れた中日は、投打共に振るわず3連敗となった。

ベースボールチャンネル編集部