ここから本文です

ドンナルンマはレアル行き熱望か PSGやユベントスのオファー受け入れずと伊メディア報道

6/16(金) 20:00配信

Football ZONE web

ミランとの契約延長拒否、今夏の移籍が確実に

 ACミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマは、2018年6月に契約満了となるなか、赤と黒の名門とは契約延長しない意向を表明。ミランのマルコ・ファッソーネCEOも緊急会見を開く事態に陥ったが、若き守護神はレアル・マドリード移籍をすでに決断していることが明らかになった。衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 18歳の守護神を巡る去就問題は急展開を迎えている。ファッソーネCEOは緊急会見を開いた。

「ライオラは我々に、ミランとは契約を延長しない最終決定を下したと伝えてきた。これは選手による最終決定だ」

 ドンナルンマのミノ・ライオラ代理人からの通知を、ファッソーネ氏はこう発表した。ドンナルンマは昨季、16歳でシニシャ・ミハイロビッチ元監督に正GKに抜擢され、2シーズンにわたりミランで活躍。現在18歳で、イタリアの英雄ジャンルイジ・ブッフォンの後継者として期待されるなど、セリエAでも高い評価を受ける存在となった。

 ミランから年俸500万ユーロ(約6億2000万円)という昇給オファーを受けたが、これを固辞。ユベントス移籍の可能性も浮上するなか、ドンナルンマは移籍先をすでに心に決めたという。フランスの名門パリ・サンジェルマンからは巨額年俸に加え、住宅、運転手なども提供するメガオファーを受けたが、ドンナルンマはレアル行きをすでに決断。他のオファーは受け入れない意向を固めたと報じられている。

レアルはデ・ヘア獲得も噂されるが…

 レアルのフロレンティーノ・ペレス会長は、コスタリカ代表GKケイラー・ナバスの安定したプレーぶりにもかかわらず、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア獲得に執念を燃やしていた。ドンナルンマはその若さから将来性は抜群で、デ・ヘアほど巨額の移籍金を必要としないメリットがある。

 暗黒期のミランで将来の至宝と期待された男は、この夏の移籍市場に出ることが確実になった。来季“白い巨人”のゴールマウスを守ることになるのか、その動向に大きな注目が集まりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/16(金) 20:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新