ここから本文です

Cロナ、レアル退団を決断? 脱税疑惑に激怒し会長に移籍直訴か

6/16(金) 20:05配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、マドリーからの退団を希望し、クラブ会長にその意志を伝えたのだという。16日付のポルトガル紙『ア・ボーラ』が伝えた。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 同紙によれば、C・ロナウドがマドリー退団を望む理由は、脱税疑惑によりマドリード検察から起訴された一件にあるという。C・ロナウドには2011年から14年にかけて総額約1470万ユーロ(約18億3000万円)の脱税を行った疑いがかけられている。

 この件に強く腹を立てたC・ロナウドは、マドリーを離れるという「撤回不可能」な決断を下したとされている。フロレンティーノ・ペレス会長に対してもその意志をすでに伝えたとのことだ。

『ア・ボーラ』は先日、C・ロナウドが起訴を受ける前の時点で、この夏に同選手に巨額のオファーを提示するクラブがあるという見通しを伝えていた。パリ・サンジェルマン、モナコ、マンチェスター・ユナイテッドなどが同選手の獲得を望んでおり、1億8000万ユーロ(約224億円)に達するオファーも見込まれるとの報道だった。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)