ここから本文です

「メッシは米国や中国でキャリアを終えるかも」。バルサ元副会長が予想

6/16(金) 23:11配信

フットボールチャンネル

 バルセロナの元副会長であり、現マンチェスター・シティCEOのフェラン・ソリアーノ氏は、バルサのFWリオネル・メッシは他の場所で現役を終える可能性もあると予想している。中国メディアに語ったとして、15日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 これまでバルサ一筋でプレーしてきたメッシは、現在の契約が2018年6月までとなっている。契約延長に向けた交渉が行われており、2021年までの新契約が基本合意に達したとも報じられたが、まだサインには至っていない。

「私はメッシや彼の家族のことをよく知っている。彼はバルセロナで非常に幸福であり、彼の人生の全てはあそこにある。バルセロナでキャリアを終えることになると思う」とソリアーノ氏は語る。

 もしバルサを去ることがあるとしても、自身のクラブであるシティや、欧州の他クラブでプレーすることはないと考えているようだ。「バルサでなければ、アメリカか中国でプレーするかもしれない」と見通しを述べた。

 メッシ自身は、バルサで現役を終えたいという希望を明確にしている。このまま順調に契約を延長し、バルサでのプレーを続けていくことになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)