ここから本文です

音楽ライター・南波一海さんインタビュー ~受け継がれるハロプロ~【前編】

6/16(金) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 1997年のモーニング娘。結成にはじまり、今なおアイドル界の一大勢力として輝きを放ち続けるハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)。群雄割拠、戦国時代と称される2010年代のアイドル界においても、新グループの結成やメンバーの卒業や加入による新陳代謝をともない、多彩なパフォーマンスによりファンを魅了し続けている。

 現在も様々なグループが名を連ねるが、直近では、今年の6月12日に5人組アイドルグループの℃-uteが解散、同月30日をもって“ももち”の愛称で知られる嗣永桃子が卒業する。一方で、今年11月にはモーニング娘。(現・モーニング娘。’17)qが結成20周年を迎えるなど、長く続いてきたハロプロの歴史において、今年はとりわけ大きな節目であるという見方も強い。

 その歴史の一端を記したインタビュー集『ハロプロ スッペシャ~ル~ハロー!プロジェクト×CDジャーナルの全インタビューを集めちゃいました!』(音楽出版社)が刊行された。雑誌『CDジャーナル』の2011年10月号から2016年12月号までに掲載された、ハロプロの各グループやメンバー個人へのインタビューをまとめた本であるが、ファンにとってはその成長や変化を辿れる貴重な一冊となっている。

 そこで、全てのインタビューを担当した音楽ライター・南波一海さんにお話を伺い、本書に掲載されたインタビューの裏側や、ハロプロに対する思いなどを尋ねた。

◎ボリュームたっぷりの1万字インタビュー。取材では“脱線”を心がける

――初めに、インタビュー集のお話から伺えればと思います。約5年にわたるインタビューが一冊にまとまるというのは壮大なイメージもありますが、完成した今、改めて率直な感想はいかがですか?

南波:素直に嬉しいですよ。『CDジャーナル』は月刊誌のため、通常は毎月のように書店で入れ替わってしまうんですよね。だから、わずかでも自分の関わったものがこうして一冊になるのは感慨深いです。

――振り返ってみると、やはり色々と思い出されますか?

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい