ここから本文です

レクサス・CTの安全装備強化!2018年モデルを今秋発売へ

6/16(金) 7:03配信

clicccar

トヨタ自動車が6月15日、今秋発売予定のプレミアムコンパクトクラスHV「レクサスCT200h」2018年モデルを世界初公開、「F SPORT」仕様車も併せて披露しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



内外装のブラッシュアップに加え、新たに予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を採用するなど、安全運転支援機能の強化が図られています。



トヨタグループが搭載を推進する歩行者検知対応の自動ブレーキは、フロントウインドシールドガラス上部に搭載した単眼カメラと、ラジエータグリルに内蔵したミリ波レーダーの組合わせで実現。

日経新聞によると、歩行者検知に対応した緊急時の自動ブレーキを標準搭載したのに加え、車線逸脱警告機能や先行車との車間距離の維持機能、対向車のヘッドランプをカメラで検知して配光を制御するハイビーム機能などを備えているそうです。

歩行者に対しては、約10~80km/hで走行中に相対速度が約30km/h以下であれば衝突回避が可能。先行車に対しては、約10km/h以上で走行中に相対速度が約40km/h以下であれば衝突を回避できます。



安全性の向上に加えて運転時の利便性が高められており、ナビゲーションディスプレイを従来の7.0型から10.3型に拡大することで、経路案内などの表示が見易くなっているのも改良点の一つ。



価格は未発表ですが、現行モデルは366.2万円~460.8万円の設定。



2011年に誕生後、2014年のスピンドルグリル導入を経て、今回さらに熟成されるレクサス「CT」に注目です。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

最終更新:6/16(金) 7:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)