ここから本文です

「結婚はもういいから子供“だけ”は…」と父に言われた37歳・派遣OLの葛藤

6/16(金) 8:50配信

女子SPA!

 アラサーの独身女性は結婚、出産に加えて仕事と、次から次へとプレッシャーがかかる世代。特に出産に対してはセンシティブになる年頃でもありますが、身内や親しい人から悪意のない“圧力”をかけられる女性も少なくありません。

 独身の森田彩香さん(仮名・37歳・派遣社員)も、その1人。

「結婚したいし、子どもも欲しいと思っているからこそ、私だって焦っているんです。焦っているからこそ周りに何か言われると『分かってるから!』とキレたくなってしまう。もう放っておいて欲しいんですけどね……」

 現在の派遣先は中小企業で、男性はほぼ既婚者という状況。森田さんは、誇張ではなく石田ゆり子に似た清楚系の美女で、肌もきめ細やかで白く、見た目は実年齢には見えません。

◆私の幸せよりも自分の幸せ?家族のキツイ一言

 基本的に交通費&ボーナスなしの独身アラサー派遣OLは、蓄えを欠かさずとも将来が不安なのです。結婚相談所に料金を支払ってまで婚活をする勇気が持てず、職場にも出会いなし。

 そんな森田さんを両親が心配しているのは分かりきっていますが、森田さんは一人娘。季節の変わり目ごとに実家へ帰るようにしていましたが、GWのある日、親から放たれた言葉に傷ついたとのことです。

「夕食のとき、今まで出産に対して何も言わなかった父から『結婚はもういいから、子ども“だけ”は産んで欲しい。孫の顔を見てから死にたい』と言われました。申し訳ない気持ちと同時に、『孫の顔さえ見ることができれば私の将来は心配じゃないの?』と、怒りを感じてしまったのです。

 37歳で独身、派遣の私が子どもを産んでも、近い将来、生活が行き詰まることは目に見えているはず。まずは幸せな結婚を望むのが親だと思っていましたから、結婚というステップを飛ばして“出産”と言われた瞬間、親は私の幸せより自分の幸せを優先するようになってしまったんだ……と寂しくなりました。

 両親の老いと自分の不甲斐なさを突きつけられた気がしたんです。しかも母から『そうねえ、彩香もそろそろ“おばあさん”だし』と、追い打ちをかけられてしまいました。自分の娘を“おばあさん”扱いするのってどうかと思いませんか。いい年をして子どもじみていますが、私、その言葉に『こっちだって好きで独身でいるわけじゃないんだから!』と反発してしまいました」

◆結婚して子供もいる上から目線の女友達

 翌日、森田さんは地元で開催された同窓会に参加しますが、結婚して子どもがいる同級生からも同じような言葉をかけられてしまいます。

「仲が良かった同性はみんな結婚して子どもがいるんです。集まれば話題は自然と子どものことになります。うらやましいなと思いながら話を聞いていたら、ある友人に言われました。

『彩香、子ども“だけ”は産んでおいたほうがいいよ。子どもはかわいいよ~。私のママ友、43歳で初産だったから彩香だってまだ大丈夫だよ』と。

 そんなこと言われなくても嫌っていうほど聞いてきているから、また私、キレてしまったんです。『子どもより結婚が先だから!』って。2日連続だったから、上手に聞き流せなかったんですよね」

 両親と友人の出産プレッシャーに、森田さんはある結論に至ったと言います。

「親は寿命から言えば先に逝ってしまうし、友達は私と共に人生を歩むわけじゃない。結局、私の現状を何だかんだと言ったところで、あの人たちは私の人生に責任を取ってくれるわけじゃないんだから、好きに言わせておこうと考えるようにしました。

 私は私なりの幸せを探します。今度久しぶりに食事会へ誘われたから、恋人を作ろうと意気込むのではなく、友達作りから始めてみます」

―シリーズ女が受ける圧力【5】―

<TEXT/内埜さくら>

【内埜さくら】恋愛ライター。これまでのインタビュー人数は3000人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。近日中にブログにて開始を告知予定)。テレビやラジオ、雑誌に多数出演。

女子SPA!

最終更新:6/16(金) 8:50
女子SPA!